トップアベリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アベリア

別名:ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)
科・属名:スイカズラ科・ツクバネウツギ属/原産地:中国/学名:Abelia grandiflora

分類: 半常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 1m〜2m
花径: 約 2cm
花色: 白、ピンク
場所: 日向〜半日蔭
水やり: 庭木(普通)
肥料: 固形油粕などを。
増やし方: 挿し木
作業: 剪定
花芽分化: 5月頃〜(新枝につける)
用途: 庭木、生垣
花言葉: 謙譲
通販店: 楽天市場にあり
アベリアは初夏から秋にかけて次から次に花を咲かせ続けます。樹高があまり高くならず、葉がよく茂るので生垣にもよく利用されています。ハナツクバネウツギという別名があり、萼片が羽根つきの羽根に、樹形がウツギに似ているので、このような別名があります。花色は白の他、桃色もあり、葉に斑入りの品種もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日なた〜半日蔭
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え 植え替え
挿し木
挿し木
剪定
剪定 伸び過ぎたら 剪定
肥料
肥料 肥料
アベリア
アベリア
8月上旬、植物園
アベリア(ピンク)
アベリア(ピンク)
7月下旬、植物園
アベリアの全体
アベリアの全体
7月上旬、植物園

アベリア2
7月中旬、植物園
アベリアの生垣
アベリアの生垣
7月中旬、植物園
アベリアの花後
アベリアの花後
11月下旬、植物園
関連リンク