トップアキレア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アキレア

別名:セイヨウノコギリソウ(西洋のこぎり草)、ヤロウ
科・属名:キク科・ノコギリソウ属/原産地:ヨーロッパ/学名:Achillea millefolium

分類: 宿根多年草


寒さ: 強い
暑さ: 強い
草丈: 10cm〜100cm
花序: 3cm〜15cm
花色: 桃色、白、赤、黄色
場所: 日向
種まき: 春、秋
発芽温度(20℃前後)
箱まき
増やし方: 株分け
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ドライフラワー、ハーブ(ハーブティー、サラダ)
花言葉: 戦い
通販店: 楽天市場にあり
アキレアは葉がノコギリのようにギザギザしているので、別名、ノコギリソウとも呼ばれています。黄色い花を咲かせるキバナノコギリソウ(Achillea filipendulina)やピンク色の花を咲かせるピンクヤロウという種類をヤロウというハーブで売られているのをみかけ、他のアキレアの種類もハーブティーや若葉をサラダとして利用できるそうです。アキレアモアキレアの八重咲きの園芸品種などもあり、葉があまりギザギザしていない種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
収穫時期
収穫
場所
日なた
秋の種まき
霜よけ 定植 秋まき 仮植え 霜よけ
春の種まき
春まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え 植え替え
株分け
株分け 株分け
肥料
肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が白く乾いて与える
アキレア(ピンク)
アキレア(ピンク)
7月上旬、自宅の庭
アキレア(白色)
アキレア(白色)
6月下旬、自宅の庭
アキレア(薄いピンク)
アキレア(薄いピンク)
6月中旬、自宅の庭
アキレア(薄いピンク)
アキレアパール(八重咲き)
6月下旬、自宅の庭

アキレアの花と葉
6月中旬、自宅の庭

アキレアの花と葉2
6月中旬、自宅の庭

アキレアの育て方

種まき

春まきと秋まきのどちらでも行えます。春まきは3月下旬から4月頃、秋まきは9月中旬から10月上旬頃に行えます。種まきの方法は箱まきで行うとよいと思います。やや砂質土壌を好むので水はけのよい用土に種まきします。本葉が4枚ぐらいになったらポットなどに仮植えして、秋まきでは春の3月頃まで日当たりのよい軒下などに置いてから定植します。庭に植えつける場所は、日当たりと水はけのよい所に苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで20cmから30cmぐらいの間隔で植えつけます。下のはアキレアパールと言う八重咲きの種類を種まきした時のものです。
アキレアの種まき
箱まき後約2ヶ月 12月上旬
アキレアの定植
定植後 約1ヶ月 4月下旬 
アキレアの開花
6月下旬に開花

場所

日向を好むので、日当たりのよい所で育てます。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。花壇ではあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。アキレアは高温多湿をやや嫌うので、水の与え過ぎに注意してください。

肥料

少し痩せた土地を好むので、肥料はあまり必要としません。鉢植えでは春の3月下旬頃から4月頃に緩効性の化成肥料などを置き肥するぐらい、花壇では同じ頃に骨粉入りの固形油粕などをまいておけばよいです。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

植え付け

春や秋に苗が売られているので、入手したら植え付けます。用土は水はけのよい用土、花の培養土にパーライトを2割ほど混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などで植え付けます。庭では苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで植え付けます。

植え替え

鉢植えでは2年に1回を目安に植え替えます。時期は春の3月頃か秋の9月下旬10月中旬頃に行うとよいと思います。鉢植えの用土は植え付け用土と同じです。株が増えているようなら株分けして植え替えます。庭でも数年して増えすぎてしまった場合は、株分けを兼ねて植え替えます。

増やし方

株分け

株分けで増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。その他は株分けのページを参考にしてください。

支柱

草丈が高くなるので、高くなって倒れるようなら支柱で支えます。
関連リンク