トップアガスターシェ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アガスターシェ

別名:アニスヒソップ、ジャイアントヒソップ
科・属名:シソ科・カワミドリ属/原産地:中央〜北アメリカ/学名:Agastache

分類: 多年草


寒さ: 強い
草丈: 40cm〜120cm(種類のよって異なる)
花序: 5cm〜30cm(種類によって異なる)
花色: 紫、白、ピンク、橙色など
場所: 日向
水やり: 鉢花(普通)、花壇(普通)
肥料: 控えめ
種まき: 春まき、秋まき
発芽温度(14〜20度)
箱まき、ポットまき
用土: 水はけのよい土
増やし方: 挿し木、株分け
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ハーブ
通販店: 楽天市場にあり
アニスに似た香りのするハーブです。アニスとはセリ科の植物で、種をエッセンシャルオイルなどに利用されています。アガスターシェはシソ科の植物で葉をハーブティーとして利用でき、現地の人は咳止めや風邪薬に利用したそうです。主な種類は下のような花を咲かせる「Agastache foeniculum」、花が大きい「Agastache aurantica」、「Agastache rupestris」など色々な種類があります。うちは大分市の暖地で秋に種まきしましたが、冬の生育が温度不足でとても遅く、ビニールで保温して育てた方がよいと思います。春まきもできますが、種まきが遅くなると来シーズンの開花になるかもしれません。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
保温 定植 春まき 仮植え 定植 秋まき 仮植え 保温
植え替え
苗の植え付け 苗の植え付け
挿し木
挿し木
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が白く乾いてから与えます。(やや過湿を嫌う)
アガスターシェ
アガスターシェ
7月下旬、自宅の鉢植え
アガスターシェの全体
アガスターシェの全体
7月下旬、自宅の鉢植え
関連リンク