トップ>アゲラタム 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アゲラタム

別名:オオカッコウアザミ(大霍香薊)
科・属名:キク科・アゲラタム属/原産地:西インド諸島、中米/学名:Ageratum houstonianum

分類: 一年草(本来は多年草)


寒さ: 寒さで枯れる
暑さ: 強い
草丈: 矮性(20cm)、高性(50cm〜70cm)
花径: 1cm〜2cm
花色: 紫色、青紫、白など
種まき: 春まき
箱まきなど
発芽温度(20℃〜25℃)
場所: 日当たりを好む
用途: 鉢植え、花壇、切り花(高性)
花言葉: 信頼
通販店: 楽天市場にあり
アゲラタムは糸みたいな細い花びらを沢山つける小さくてい綺麗な花です。矮性種と高性種があって、矮性種は草丈が20cmぐらいとコンパクトに、高性種は50cm〜70cmぐらいと背が高くなります。高性種は切り花に向いていて、花持ちがとてもよいです。アゲラタムは春から秋にかけて次から次へと咲かせ、花を長く楽む事ができます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
挿し芽
挿し芽
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
表面が乾けば与える(過湿を嫌う)
アゲラタム
アゲラタム
4月中旬、自宅の鉢植え
アゲラタムの全体
アゲラタムの全体
11上旬、植物園

アゲラタム(白)
10月上旬、自宅の庭

アゲラタムの葉と花
10月上旬、自宅の庭

矮性のアゲラタム
6月上旬、植物園

矮性のアゲラタム
6月上旬、植物園

アゲラタムの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。耐寒性には弱く冬には枯れるので一年草扱いされていますが、冬を室内の日当たりがよく暖かい場所で越冬させると、翌年も開花させる事ができます。

水やり

やや過湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。花壇では日照り続きであまり雨が降らず、土が乾き過ぎるようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

肥料が多いと花が咲きにくくなります。鉢植えでは春と秋の間に緩効性の化成肥料を置き肥するぐらいでかまいません。花壇では元肥に堆肥などを混ぜ込んで植えつけ、秋の9月頃に即効性の化成肥料などを追肥するぐらいでかまいません。その他は花の肥料を参考にしてください。

植え付け

春に苗が出回る事があるので苗を購入したら植え付けます。花壇では元肥に堆肥と腐葉土などを混ぜ込んで植えつけます。鉢植えの用土は花の培養土や、自分で作る場合は赤玉土(小粒)7、腐葉土3などに植えつけます。株間は20cm〜25cmぐらいの間隔で植え付けます。

種まき

アゲラタムは種まきから育てる事ができます。発芽率はよいので容易な方です。時期は春の4月頃、方法は種が小さいので鉢まきにして受け皿から水を吸引させたり、ピートバンに種をまいてもよいです。好光性なので覆土はせずに、芽が出たら葉が触れ合わないよう間引きします。本葉が2、3枚になったら9cmポットに仮植えして、根が回ってきたら鉢や花壇に定植します。その他は植え付けの項目と同じです。

仮植え(5月下旬)

定植前(6月下旬)

開花(7月下旬)

増やし方

挿し芽

挿し芽で増やす事ができます。2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の葉を取ってそこが用土に埋まるように挿します。時期は5月から6月頃に行うのが理想的です。その他は挿し芽のページを参考にしてください。

切り戻し

夏に開花が鈍る事があるので、開花が鈍った切り戻し、秋に再びよい花を咲かせます。

病気や害虫

ハダニが発生して、葉が白っぽくなる事があります。スミチオンなどを散布して駆除します。その他は病気や害虫のページを参考にしてください。
関連リンク