トップアカマツ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アカマツ (赤松)

別名:メマツ(雌松)
科・属名:マツ科・マツ属/原産地:日本、朝鮮半島、中国東北部/学名:Pinus densiflora
分類: 常緑高木(針葉樹)


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 15m〜40m
花色: 雄花(クリーム色)
雌花(紫色)
場所: 日向
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 接ぎ木、種まき
作業: みどり摘み(芽摘み)、もみあげ
用途: 鉢植え、庭植え、シンボルツリー
通販店: 楽天市場にあり
アカマツは日本の山に生えているマツの仲間です。日本のマツと言えば海岸によく生えているクロマツとこの松を指す事が多いです。クロマツと比べると幹が赤いのでこのような名前になっています。また葉がと柔らかいので雌松という別名もあります。アカマツ林では松茸が採れる事で知られ、クロマツの下にも生えるそうですが、アカマツほど生えないそうです。松茸になる松茸菌は、特定の樹木の根に寄生しないと生育できないそうで、日本ではマツの木の下に生えると一般的に言われています。まだ松茸栽培は実現されていませんが、アカマツの盆栽に松茸が生えたという話題をテレビやネットで見た事があります。最近は日本のアカマツ林が減った事もあって、大半の松茸は輸入されています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
実期
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
植え付け
剪定
みどり摘み もみあげ
肥料
肥料

アカマツ
12月下旬、山

アカマツの葉
12月下旬、山

アカマツの幹
12月下旬、山

アカマツの新芽
12月下旬、山

アカマツの松ぼっくり
12月下旬、山

アカマツの全体
12月下旬、山
関連リンク