トップアネモネ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アネモネ

別名:ボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)
科・属名:キンポウゲ科・アネモネ属/原産地:地中海沿岸/学名:Anemone coronaria

分類: 球根植物


寒さ: 強い
暑さ: 葉が枯れて休眠
草丈: 20cm〜40cm
花径: 5cm〜10cm
花色: 桃色、赤、紫、白など
増やし方: 分球、種まき
作業: 球根の掘り上げ
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、寄せ植え、切り花
その他: 球根が腐りやすい
花言葉: はかない希望、恋の苦しみ、期待、消える希望、はかない恋
赤(君を愛す、わびしい思い)
白(期待、希望)
通販店: 楽天市場にあり
アネモネは早春から鮮やかで綺麗な花を咲かせます。ラナンキュラスと同じ頃に咲くので、すぐ近くに植えられているのを見かける事があります。風を好む球根植物で、ギリシャ語の風が語源になっているそうです。花色が豊富で一重咲きと八重咲きがあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき
植え付け
植え付け
分球
分球
掘り上げ
掘り上げ 日陰で乾燥保存
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える(過湿は嫌う) 鉢土の表面が乾けば与える

アネモネ
4月中旬、自宅の庭

アネモネ(赤)
3月下旬、植物園

アネモネ(紫)
3月下旬、植物園

アネモネ(薄紫)
3月中旬、植物園

矮性のアネモネ
2月下旬、植物園

沢山のアネモネ
3月下旬、植物園

アネモネの育て方

植え付け

時期は10月から11月頃に行うのが理想的です。アネモネは乾燥した球根を急に湿らせると腐りやすいので、催芽処理というのを行うと安全です。方法は、軽く湿らせたパーライトやバーミキュライトを鉢に入れ、球根のとがった方を下にして球根が隠れるぐらいに埋め、冷蔵庫の中で1週間ぐらい水を吸わせてから植え付けます。植え付け方法は、鉢やプランターに植える場合は球根が隠れるぐらいの浅植え。用土は赤玉土5、腐葉土3、パーライト2ぐらいの水はけのよい用土。庭植えの場合の覆土は3cmぐらい、植付け間隔は15cmから20cmぐらいに腐葉土と牛糞などを混ぜて植え付けます。霜の降る季節はワラなどで軽く霜よけしておくと安心です。

場所

日当たりのよい所を好むので、鉢植えでは日当たりのよい所に置きます。花壇では日当たりのよい所に植えつけます。

水やり

鉢土の表面が乾いたら与えます。アネモネの球根は多湿に弱く腐りやすいので、水やりは控えめに行います。

肥料

花壇の場合は元肥として牛糞などを、芽が出た時から追肥として即効性の化成肥料などを定期的に与え、鉢植えでは緩効性の化成肥料や液体肥料などを定期的に与えます。球根は養分をあまり蓄えていないので、肥料は定期的に与えます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

花がら摘み

花が終わったら花茎を切り取って、次の花の生育を妨げないようにします。最後の花も球根を太らせるよう、切り取ります。

球根の堀上げ

葉が枯れる6月頃に掘り上げます。アネモネの球根は多湿に弱く腐りやすいので、梅雨前に掘り上げるようにします。掘り上げたら根や茎を切り取り、日陰で乾燥させて涼しい場所で保管します。
関連リンク