トップアオキ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アオキ (青木)

別名:アオキバ
科・属名:ミズキ科・アオキ属/原産地:日本/学名:Aucuba japonica
分類: 常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 1m〜3m
花径: 約 0.5cm
花色: 茶色
実: 雌株のみに成る
場所: 半日蔭
増やし方: 挿し木、種まき
花芽分化: 8月中旬〜
用途: 庭木、鉢植え
花言葉: 永遠の愛
通販店: 楽天市場にあり
アオキは日本原産の低木で、樹木の下の木漏れ日の中に好んで生息しています。学名でアオクバ・ジャポニカと呼ばれ、別名のアオキバから名づけられたと言われています。耐陰性に優れているので、明るい日陰に植え付けができるので、うちでは落葉樹の梅の木の下に植えて、隣との目隠しにしています。秋から冬にかけて実が成るのですが、雌雄異株なので雌株だけに実が成ります。秋はまだ実の色が青いですが、寒くなって冬になると実が赤く色づきます。種類がいくつかあって、よく見かけるのは写真のような斑入りですが、その他、緑葉もあります。また、斑入りでも中央に斑のある中斑、外側に斑のある覆輪などもあります。葉の形もいくつかあり、葉の小さなヒメアオキという品種もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
実期
実期 実期
場所
日向〜半日蔭 明るい日陰 日向〜半日蔭
種まき
採り蒔き
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
鉢の植え替え
挿し木
挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
表面が乾いたら 鉢土の表面が乾いてきたら 表面が乾いたら

アオキ
6月中旬、自宅の庭

斑入りアオキの葉
6月中旬、自宅の庭

アオキの雌花
4月中旬、自宅の庭

大きなアオキ
11月上旬、公園

アオキの実
1月上旬、山

緑葉のアオキ
1月上旬、山

アオキの育て方

場所

木の下の木漏れ日が当たるような所を好むので、強い日差しを嫌います。夏の強い日差しを避けた、午前中の日光が当たるような半日蔭を好みます。明るい日陰でも育ちますが、あまり暗いと成長に影響するので、できるだけ明るい所で育てます。

植え付け

苗の植え付け時期は春の3月から6月頃が理想的ですが、秋の9月から10月頃にも行う事ができます。樹高があまり大きくならないので、鉢植えで育てる事もできます。鉢植えの用土は赤玉土(小粒)7、腐葉土3などに植えつけます。庭では、強い日差しの当たらない、午前中の日光が当たるような半日蔭から明るい日陰に植え付るとよいです。落葉樹の下は、葉のない冬は日当たりがよく、夏は葉が茂って強い日差しから守ってくれるので、よい植え場所になります。植える場所に元肥として牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土をよく混ぜ込んで植え付けます。その他は庭の植え付けを参考にしてください。

水やり

木の下のやや湿った所に生息しているので乾燥を嫌います。鉢植えでは生育期の春から秋は鉢土の表面が乾いてきたら与えます。冬は鉢土の表面が乾けば与えます。庭では植え付け後2週間ぐらいは乾かし過ぎないように注意しますが、その後に根付けば、通常は必要なく、あまり雨が降らず乾き過ぎるようなら与えるぐらいでよいです。

肥料

あまり肥料は多く必要ありません。鉢植えでは春の3月から6月の間と秋の9月頃、庭では春の2月から3月頃に骨粉入り固形油粕などをまいておけはよいです。

植え替え

鉢植えでは2年に1回を目安に植え替えます。時期は春の3月から4月頃に行うのが理想的です。根鉢の周りを3分の1ほど壊し、一回り大きな鉢で植え替えます。枝が伸び過ぎてしまったら、適度な長さに切り戻すとよいです。用土は植え付けの項目と同じです。

剪定

庭では自然な樹形で楽しむ植物なので、特に行う必要ありませんが、伸び過ぎてしまったり、不要な枝があれば剪定します。時期はいつでも行えますが、雌株で実を成らせたい場合は、開花時期や実の時期に、必要な花や実を避けて剪定したらよいと思います。鉢植えでは伸び過ぎたら、 春の3月頃に適度な長さに切り戻すとよいです。

増やし方

挿し木

挿し木で容易に増やせます。時期は梅雨頃から7月頃に行うとよいと思います。2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取り、取った節が用土に埋まるように挿します。葉の面積が大きいので、葉からの蒸散を防ぐために葉の面積を半分ぐらいに切った方がよいです。その他は挿し木のページを参考にしてください。

種まき

山ではこぼれ種で発芽しているのを見かけます。実が熟したら果肉を取り除いて種を採り、平鉢やポットなどに種を埋めて蒔きます。

雌株からの受粉

雌雄異株なので雌株だけに実が成ります。雌株に実が成るには、雄株からの受粉が必要です。近所や近くの山に雄株が生えていれば、蜂などが受粉して実が成るかもしれませんが、ない場合は雄株を近くに植えないといけないです。
関連リンク