トップアルメリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アルメリア

別名:ハマカンザシ(浜簪)
科・属名:イソマツ科・アルメリア属/原産地:欧州、北米/学名:Armeria

分類: 多年草


寒さ: 強い
暑さ: やや弱い
草丈: 10cm〜20cm、高性(〜50cm)
花序: 2cm〜3cm
花色: 桃色、白
種まき: 秋まき
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき
増やし方: 株分け
場所: 日当たりを好むが真夏は半日陰
用途: 鉢植え、花壇、ロックガーデン、切り花(高性)
その他: 高温多湿を嫌う
花言葉: 思い出、思いやり
通販店: 楽天市場にあり
アルメリアは小さな花が集まって丸い花序の花を咲かせます。草丈が15cmぐらいと背が低いアルメリア・マリティマが一般的ですが、草丈が50cmぐらいと高くなるアルメリア・ラティフォリアという種類もあり、こちらは切り花にも向いています。葉は緑色の細い葉が株元から沢山出ていますが、葉の外側が白い斑入りの品種もあります。育てるのは寒さには強く、うちの庭で真冬にボケ咲きしているのを見た事があります。夏の高温多湿を嫌い、夏に枯れてしまう事があります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 風通しの良い半日陰 日向
種まき
定植 種まき 仮植え
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

アルメリア
4月上旬、自宅の鉢植え

アルメリアの葉
4月上旬、自宅の鉢植え

アルメリア・マリティマ
4月下旬、自宅の鉢植え

アルメリア(白)
5月上旬、植物園

アルメリア・ラティフォリア(高性)
5月上旬、植物園

アルメリア(薄いピンク)
5月上旬、植物園

アルメリアの育て方

場所

日当たりと風通しのよい所を好みます。夏の高温多湿は嫌うので、夏は風通しのよい半日蔭で、鉢植えでは梅雨の長雨は避けて育てます。冬の寒さには強く、暖地では戸外で問題なく越冬します。

植え付け

春や秋に苗を購入したら植え付けます。鉢植えの用土は水はけのよい土を好むので、花の培養土にパーライトを2割ぐらい混ぜて水はけをよくしたり、赤玉土(小粒)5、腐葉土3、パーライト2などに植え付けます。庭では痩せているようなら元肥に堆肥などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで、夏の西日が当たら風通しのよい所に25cmぐらいの間隔をあけて植え付けます。暖地では庭に植えると夏に枯れてしまう事もあるので、ロックガーデンの方が向いていかもしれません。

植え替え

根詰まりすると夏に枯れてしまう事があるので、秋の10月頃に植え替えるとよいです。根鉢の回りを3分の1ほど壊して一回ぐらい大きな鉢に植えかえたり、株分けして同じ大きさの鉢に植え替えます。植え替える時にゴボウ根の先を切ると枯れるので、切らないように注意します。用土は植え付け用土と同じです。庭でも2年以上して株が増えすぎたら株分けを兼ねて植え替えます。

水やり

高温多湿に弱く乾燥には強いです。鉢植えの場合は鉢土の表面が白く乾いてから与えます。花壇では特に与える必要はありませんが、あまりにも雨が降らないようなら与えます。

肥料

痩せ地で花を咲かすので肥料は多く必要ありません。春の3月から4月頃頃、秋の10月から11月頃に緩効性化成肥料を置き肥するぐらいでかまいません。庭では春の3月から4月頃、秋の10月から11月頃に化成肥料などを一回ぐらい与えればよいです。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

増やし方

株分け

株分けして増やす事ができます。ゴボウ根の先は絶対に切らないよう、2芽〜4芽ぐらいに分けて行います。時期は植え替えと一緒に行います。

種まき

暖地での種まきは秋の9月中旬から10月頃に行うとよいと思います。方法は箱まき(浅鉢)で行うとよいと思います。好光性なので覆土はせずに種を蒔きます。種が小さいので浅鉢に蒔いて、鉢底から給水させたり霧吹きで水を与えるようにします。本葉が2、3枚になったら根を切らないよう丁寧にポットに仮植えして、根が回ってきたら定植します。用土は水はけのよい土を好むので、花の培養土にパーライトを2割ぐらい混ぜて水はけをよくしたり、赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などに植え付けます。庭では痩せ地なら元肥に堆肥などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで25cmぐらいの間隔で植え付けます。
11月上旬 3月上旬

ポットに仮植え

随分大きくなった

鉢に定植

花茎切り

花が咲き終わったら花茎を株元から切り取ります。
関連リンク