トップアサガオ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アサガオ (朝顔)

科・属名:ヒルガオ科・アサガオ属/原産地:熱帯アジア/学名:Ipomoea nil

分類: 蔓性一年草


寒さ: 寒さで枯れる
暑さ: 強い
花径: 5cm〜10cm
マメアサガオ(約 2cm)
ミニアサガオ(5cm〜8cm)
マルバアサガオ(約 5cm)
花色: 青、紫、赤紫、白など
種まき: 春まき(4月下旬〜5月頃)
発芽温度(20℃〜25℃)
ポットまき、直まき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、フェンス、鉢植え
花言葉: はかない恋、愛情の絆、平静 結束 短い愛 明日もさわやかに
通販店: 楽天市場にあり
誰もが知っているアサガオです。小学校や中学校の時に学校で育てた覚えのある人も結構いるのではないかと思います。小さなミニアサガオや葉が丸っこいマルバアサガオ、キキョウ咲きなど変わった種類もあります。こぼれ種で翌年も花を咲かせるぐらい強い花なので、日当たりのよい場所で育て、適度な肥料と水やりを忘れなければ、初夏から秋頃まで花を咲かせ続けます。最近は緑のカーテンの素材にもよく利用されており、種まきから育てると発芽温度が高く葉が茂るのが遅くなるので、春に苗を買って植え付けた方が早くできあがると思います。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき 植え付け
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料
鉢の水やり
表面が乾けば 乾いてきたら 表面が乾けば

ヘンリーブルー
8月中旬、自宅のベランダ

アサガオ
8月下旬、自宅の庭

ミニアサガオ
8月上旬、自宅の庭

小さなミニアサガオ
9月中旬、自宅の庭 花径:約 3cm

桔梗咲きアサガオ
8月中旬、自宅の鉢植え

アサガオの種
10月上旬、自宅の鉢植え

マルバアサガオ
7月下旬、自宅の鉢植え

マルバアサガオ(紫)
7月下旬、自宅の鉢植え

マルバアサガオの実
8月下旬、自宅庭のフェンス

左:マルバアサガオの葉、右:アサガオの葉
8月中旬、自宅庭のフェンス

アサガオの育て方

場所

直射日光のあたる日当たりのよい所で育てます。アサガオは日当たりが悪いと花つきが悪くなるので、少なくても午前中ぐらいは日光に当てます。

種まき


ポット撒き
5月中旬

直撒き
5月下旬
発芽温度が20度から25度と高めなので、4月下旬から5月中旬頃に種を蒔くとよいです。種は硬い殻に覆われているので、一晩水に漬けて膨らませてから蒔くとよいです。蒔く方法はポットまき直まきで行うのがよいと思います。用土はポットまきでは種まき用の用土を使用するのがよいと思いますが、花用の培養土や赤玉土(小粒)6と腐葉土4などでもよく発芽します。覆土は1cmぐらい土をかぶせて蒔きます。ポットの場合は2粒蒔いて双葉が出て大きくなったら、元気な方を残して間引きします。本葉が4枚ぐらいになったら、鉢植えでは6号鉢に1株を目安に、庭では水はけが悪いようなら腐葉土、元肥に牛糞などを混ぜて30cmぐらいの間隔で日当たりのよい所に定植します。アサガオの蔓が巻きつくフェンスなどがない場合は、支柱も忘れらにようにつけます。

支柱

蔓性なので、鉢植えではアンドン仕立てにすればよいと思います。庭ではフェンスなど巻きつけたり、緑のカーテンを作る場合は、ネットと支柱に這わせて誘引します。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が白く乾いてきたらたっぷりと与えます。夏は水切れですぐに葉が萎れるので、毎日の水やりになります。花壇でも夏はよく乾くので、雨があまり降らないようなら与えます。できるだけ朝か夕方の涼しい時間帯に水やりをします。

肥料

鉢植えでは本葉が出てから秋まで、肥料切れさせないよう緩効性の化成肥料などを定期的に置き肥します。花壇では植え付け時に元肥として牛糞などを、追肥として即効性の化成肥料などを秋まで定期的に追肥します。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

摘心

本葉が6、7枚になったらつるの先端を摘心して、子づるを増やすようにすればよいです。
開花
7月上旬

種採り

花壇に植えつけると翌年もこぼれ種で開花する事が多いです。種が簡単に採れるので、翌年も好きな場所へ種まきができます。
関連リンク