トップアスクレピアス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アスクレピアス

別名:トウワタ(唐綿)
科・属名:カガイモ科・アスクレピアス属/原産地:南米/学名:Asclepias curassavica

分類: 一年草(本来は多年草)


寒さ: 寒さで枯れる
暑さ: 強い
草丈: 60cm〜90cm
花径: 1cm
花色: 橙色、黄色、朱色
種まき: 春まき
発芽温度(20℃〜25度)
箱まき、ポットまき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 健康な体、心変わり
通販店: 楽天市場にあり
アスクレピアスは夏から秋にかけて鮮やかなオレンジ色や黄色い小花を沢山つけて咲きます。実が成って中には綿のような種があり、外国から来た植物なので、別名に唐綿という名前があります。寒さに弱いので通常は春の種まきから育てる一年草になりますが、極暖地では宿根して越冬するようです。種袋に切り花用に人気があると書かれ切り花にしてみましたが、すぐに萎えてしまいます。育ててみた感想は花にアブラムシが沢山発生してしまいましたが、それを除けば育てやすかったです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
実期
場所
種まき
種まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

アスクレピアス
9月上旬、自宅の庭

アスクレピアスの全体
10月上旬、自宅の庭

アスクレピアスのアップ
9月中旬、自宅の庭

アスクレピアスの実
11月中旬、自宅の庭

弾けたアスクレピアスの実
1月中旬、自宅の庭

風で飛ぼうとするアスクレピアスの種
1月中旬、自宅の庭

アスクレピアスの育て方

種まき

種まきの時期は4月頃に行います。生育温度が高めなので、気温が上がるまでは生育は緩やかです。種まきの方法は箱まきポットまきで行えばよいと思います。覆土は2mmほど行い、発芽するまで乾かさないようにします。本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回って遅霜の心配がなくなったら20cmぐらいの間隔で定植します。下の写真は少し定植が遅くなり開花が遅くなってしまいました。鉢植えの用土は花の培養土など普通でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。あれば元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んでおくと追肥の必要はありません。花壇では日当たりのよい所に、苦土石灰と牛糞などを混ぜ込んで植え付けます。
5月中旬 6月中旬 7月下旬

種まき後

仮植え

定植(遅れてしまった)

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。

水やり

プランターなどの鉢植えでは、鉢土の表面が乾けば与えます。夏はよく乾くので、乾かしすぎないように注意してください。花壇ではあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

鉢植えでは元肥にマグァンプK(中粒)など使用していなければ、緩効性の化成肥料などを置き肥するか定期的に花の液体肥料を与えます。花壇では元肥に堆肥を混ぜ込めば、その後は9月頃に1回追肥するぐらいでかまいません。その他は花の肥料を参考にしてください。

花がら摘み

見頃を終えた痛んだ花を切り戻し、下の節から脇芽を伸ばして再び花を咲かせます。

病気や害虫

アブラムシアブラムシが発生することがあります。見つければスミチオンなどを散布して、株元にオルトラン粒剤を散布しておくとよいです。その他は花の病気や害虫のページを参考にしてください。
関連リンク