トップアスター 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アスター

別名:エゾギク(蝦夷菊)、チャイナアスター、サツマギク(薩摩菊)
科・属名:キク科・カリステフス属(エゾギク属)/原産地:中国/学名:Callistephus chinensis

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
開花時期: 秋まき(6月〜7月頃)、春まき(7月〜8月頃)
草丈: 15cm〜80cm
花径: 2cm〜15cm
花色: 紫、ピンク、白、黄色、赤など
種まき: 春まき、秋まき
発芽温度(15度〜20度)
箱まき、ポットまき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 思い出、追憶、変化
通販店: 楽天市場にあり
アスターは6月から8月頃に花を咲かせる1年草の草花です。前はアスター属だったのですが、今はカリステフス属になって以前の属名の名前で呼ばれています。花色は豊富で切り花にも人気があり、草丈が25cm以下の矮性の種類、花径が2cmぐらいと小さいマイクロアスターなどがあります。暖地での種まきは秋まき、春まきの両方ができ、秋に種をまくと6月〜7月頃の開花、春にまくと7月〜8月頃の開花になります。別の種類に宿根アスターというのもあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 日向 霜よけ
種まき
春まき 仮植 秋まき 仮植え
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
表面が乾けば与える 表面が乾けば与える
アスター
アスター
6月上旬、自宅の庭
アスター(紫)
アスター(紫)
8月中旬、自宅の庭
アスターの全体
アスターの全体
6月下旬、自宅の庭
矮性アスター
矮性アスター
6月上旬、自宅の庭
マイクロアスター
マイクロアスター
6月上旬、自宅の庭

マイクロアスターの全体
6月上旬、自宅の庭

アスターの育て方

種まき

11月中旬

アスターの箱まき

仮植え
暖地での種まきは春の3月〜4月上旬頃、秋の9月下旬から10月頃にも行えます。方法は箱まきポットまきなどで行います。覆土は種が隠れるように行います。本葉が2,3枚になったらポットに仮植えして、根が回ったら15cmから20cmぐらいの間隔で定植します。プランターなどの鉢植えの用土は花の培養土や赤玉土(小粒)6、腐葉土4などに植え付けます。花壇への植え付けの際は連作と酸性土を嫌うので、前にアスターを植えていた場合とは、異なる所に元肥に牛糞、必ず苦土石灰を混ぜ込んでから植えつけます。秋の種まきでの植え付けの際は霜よけしておきます。

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。

水やり

鉢植えではでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇ではあまり雨が降らないようなら与えます。アスターは高温多湿に弱いので、水の与え過ぎには注意してください。

肥料

鉢植えでは元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んで植え付けていれば、その後の追肥は必要有りません。元肥を入れていない場合は、緩効性の化成肥料や液体肥料などを定期的に与えます。花壇では元肥に牛糞と苦土石灰を混ぜて植え付け、春から開花中まで1ヶ月に1回ぐらい速効性の化成肥料などを追肥すればよいです。その他、肥料については肥料の使い方を参考にしてください。
関連リンク