トップアッツザクラ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

アッツザクラ

別名:ロードヒポキシス
科・属名:キンバイザサ科・ロードヒポキシス属/原産地:南アフリカ/学名:Rhodohypoxis

分類: 半耐寒性球根植物


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 10cm〜15cm
花径: 約 2cm
花色: ピンク、紅色、白、黄色
植え付け: 2月〜3月
増やし方: 分球(植え付け時期)
場所: 日当たりを好む、暑さは苦手
用途: 鉢植え向き
花言葉: 可憐、愛を待つ
通販店: 楽天市場にあり
アッツザクラは花言葉どおり可憐な花を咲かせます。花色は桃色が多いですが、他に赤や白花もあります。球根植物で可愛らしい球根をしており、草丈も15cmぐらいと低いです。育てた感想は適当に管理していれば育つという感じではなかったです。鉢植えで2年ぐらい育てていたのですが、庭に適当に植えていると自然となくなってしまいました。開花は春なのですが、右下の写真は業者が強制的に秋に花を咲かせたようです。一度寒さに当てると花が咲くようなので、それを利用して花を咲かせたのかもしれません。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
軒下(0度以上) 日向 半日陰 日向 軒下(0度以上)
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
分球
株分け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
乾燥気味 鉢土の表面が乾けば与えます。 控えめ 乾燥気味
アッツザクラ
アッツザクラ
 6月上旬、自宅に鉢植え
アッツザクラの全体
アッツザクラの全体
自宅に鉢植え

アッツザクラの育て方

植え付け

アッツザクラは球根植物ですが、秋を過ぎて葉が枯れても毎年掘り上げて球根を保存する必要はありません。庭植えでは5年に一度ぐらい。鉢植えの場合は毎年植え替えを早春の2月中旬から3月中旬頃に行います。用土は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1ぐらいの水はけのよい用土に植えつけます。株間は鉢植えの場合は2cmから3cmぐらいで覆土は球根一つ分の深さぐらい。庭植えでの株間は4cmから5cmぐらいで覆土は球根3つ分ぐらいの深さで、腐葉土などを混ぜ込んで植えつけます。
アッツザクラの植え替え前
3月中旬
アッツザクラの植え替え後
3月中旬に植え替え

5月上旬
アッツザクラの開花
6月上旬に開花

場所

アッツザクラは日当たりのよい所を好みますが、暑さを嫌うので夏は涼しい日陰で育てます。秋を過ぎて葉が枯れてきたら、鉢植えでは雨の当たらない凍らないような場所で鉢のまま休眠させます。低温で花が着くようなので、冬はある程度の寒さに当てないといけないようです。うちは九州の大分市で軒下に置いていました。

水やり

鉢土が乾いてきたら与えます。乾燥を嫌うので乾かし過ぎないように注意してください。葉が枯れはじめる秋から徐々に水を控え、冬は乾燥気味にして休眠させます。

肥料

葉が出てきてから、春から秋の間2ヶ月ごとに緩効性の化成肥料、真夏を除いて定期的に液体肥料などを与えます。

花がら摘み

花が咲き終わったら花茎を切り取って球根を太らせます。
関連リンク