トップエキナセア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

エキナセア

別名:ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)、エキナケア
科・属名:キク科・エキナセア属/原産地:北アメリカ/学名:Echinacea purpurea

分類: 宿根多年草(耐寒性)


開花時期: 6月〜9月
草丈: 60cm〜100cm
花径: 10cm〜12cm
花色: 桃色、白、橙色
種まき: 春まき(3月中〜4月)、秋まき(9月中〜10月上旬)
発芽温度(20℃〜25℃)
箱まき
植え替え: 春(4月)
増やし方: 株分け
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ドライフラワー、ハーブ
花言葉: 優しさ、深い愛
通販店: 楽天市場にあり
ハーブとして利用され、ハーブティでは風邪に効果があると言われています。元々、北アメリカ先住民が薬草として利用していたことから、インディアンのハーブとも言われています。葉、花、根とも利用され、特に根に多く成分が含まれているようです。花が二段に咲くダブルデッカーという変わった種類もあります。

エキナセア
6月中旬、自宅の庭

エキナセアの全体
7月上旬、自宅の庭

エキナセア(ダブルデッカー)
8月下旬、自宅の庭

エキナセア2
6月下旬、自宅の庭

エキナセアの育て方

種まき

種まきは春の3月中から4月頃が理想的ですが、秋の9月中から10月上旬頃でも行えます。開花は春まきでは翌年、秋まきでは再来年になるかも知れません。方法は箱まきで行えばよいと思います。発芽するまで2週間ほどかかるので、用土を乾かさないよう注意します。本葉が3枚ぐらいになったらポットに仮植えして、春まきでは秋に定植、秋まきでは冬を軒下で越冬させて春に定植します。鉢植えの用土はやや多湿を嫌うので、花の培養土にあればパーライトなど1ぐらい混ぜるとよいと思います。花壇では植え付ける際に苦土石灰と元肥に堆肥などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで30cmぐらいの間隔で定植します。春まきでは冬に地上部を枯らせて宿根しますが、春になると新芽が出て初夏には開花します。
5月下旬 9月上旬

箱まき

仮植え

定植
12月中旬 3月中旬 6月中旬

宿根直前

宿根からの目覚め

開花

場所

日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。冬は地上部が枯れて宿根しますが、春の3月下旬頃には新芽が出てきます。

水やり

多湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では植え付け後1週間ぐらいはあまり乾かさないように注意しますが、その後はあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

鉢植えでは4月と初夏に緩効性の化成肥料を置き肥したり、元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んで植え付ければその後は与える必要ありません。花壇では3月下旬頃、初夏頃に骨粉入りの固形油かすなどを与えます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

植え替え

鉢植えでは2年に一度ぐらい植え替えます。時期は春の4月頃に植え替えます。鉢植えの用土は花の培養土にあればパーライトを1ぐらい混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などに植え替えます。鉢植えでは7号鉢以上の鉢植えに植え替えます。その他は花の植え替えを参考にしてください。

増やし方

株分け、根ざし

株分け、根ざしで増やすことができます。時期は植え替えと一緒に行いますが、株分けは細かく分けるのを嫌うので、土をできるだけ壊さず、一株に4、5芽ぐらいつた土の塊を株分けします。根ざしは植え替えの時にゴボウのような太い根を使って、太い根の先を用土から出して挿し木の要領で挿します。

花がら摘み

花が痛んできたら摘み取って次もよい花を咲かせます。
関連リンク