トップエクボソウ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

エクボソウ (エクボ草)

別名:プラティア・アングラタ、ムラサキコケモモ
科・属名:キキョウ科・プラティア属/原産地:ニュージーランド/学名:Pratia angulata

分類: 宿根多年草


寒さ: やや弱い
暑さ: やや弱い
草丈: 約 7cm
花径: 約 1.5cm
花色: 白、青
増やし方: 挿し芽、株分け
場所: 日当たりを好むが、夏は半日陰
用途: 鉢植え、寄せ植え、花壇(暖地)、グランドカバー
通販店: 楽天市場にあり
エクボソウは匍匐性でマット状に花が広がります。鉢植えでは吊り鉢にされたり寄せ植えの素材などに利用されています。半耐寒性ですが、暖地では戸外で宿根して越冬するので、暖地の花壇ではグランドカバーに利用する事もできます。花の最盛期は5月から6月頃で、秋に赤紫色の小さな実が成ります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 半日蔭 日向 日向(霜よけ)
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
挿し芽
挿し芽
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える 控えめ
エクボソウ
エクボソウ
5月上旬、自宅の吊り鉢

エクボソウの全体
5月上旬、自宅の吊り鉢

エクボソウの葉
5月上旬、自宅の吊り鉢

エクボソウのアップ
5月上旬、自宅の吊り鉢

エクボソウの育て方

場所

日当たりを好みますが、高温多湿が苦手なので夏は風通しがよく午前中の弱い日光が当たるような半日陰で育てます。冬の耐寒性はあまり強くありませんが、暖地の庭植えでは地上部の葉を枯らせて宿根して越冬します。鉢植えでは日当たりのよい軒下などに置いておけばよいです。寒地では室内で越冬させます。

水やり

多湿、水切れとも嫌います。鉢土の表面が白く乾いてくれば与えればよいです。庭でもあまり雨が降らずに乾くようなら与えます。

肥料

肥料は多く必要ありません。春の3月から5月頃、秋の9月頃に緩効性の化成肥料を与えるぐらいでかまいません。

植え替え

植え付け

根張りがよく、根詰まりすると夏に根腐れする事があるので、毎年植え替えます。時期は春の2月中旬〜3月中頃に行うのがよいと思います。用土は水はけのよい土に、赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などの水はけのよい用土で植え替えます。根がパンパンに張って株が増えていのが普通なので、株分けして植え替えるとよいです。下のは鉢の大きさに比べて株分けした苗が小さかったので、もう少し大きく株分けした苗を植えた方がよかったです。
3月中旬

地上部が枯れた

枯れた葉を切った

株分けして植え替えた

増やし方

株分け

株分けで容易に増やす事ができます。ハサミなどを使って適度な大きさに切り分けるとよいです。時期は植え替えと一緒に行います。

挿し芽

挿し芽でも増やす事ができます。時期は5月から6月頃に行うのがよいと思います。長さ6cmぐらいの挿し穂を用意して、下の2節ぐらいの葉を取って、あれば発根促進剤をつけて取った葉の節が用土に埋まるよう挿します。挿し芽するより株分けをした方が簡単でよいす。その他は挿し木のページを参考にしてください。
関連リンク