トップエレモフィラ・ニベア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

エレモフィラ・ニベア

科・属名:ハマジンチョウ科・エレモフィラ属/原産地:オーストラリア/学名:Eremophila nivea

分類: 常緑低木


寒さ: やや弱い
暑さ: やや弱い
樹高: 1m〜1.5m
花径: 約 1.5cm
花長: 2cm〜4cm
花色:
場所: 日向(夏は半日蔭)、冬は室内へ
水やり: 過湿を嫌う
肥料: 肥料を好む
増やし方: 挿し木
植え替え: 根鉢を壊されるのを嫌う
用土: 水はけのよい土
用途: 鉢植え
剪定: 強い剪定を嫌う
花言葉: 瞳の佳人
通販店: 楽天市場にあり
エレモフィラはオーストラリア固有の植物で180種類ほどが分布しています。エレモフィラ・ニベアは白くて細い銀葉と薄紫色の色合いがとても美しい花です。花が咲き終わっても、白くて細い葉が爽やかな感じなので、カラーリーフとしても楽しめます。育てるのは雨に当たると葉が汚れるので、長雨にはあてないようにして、夏の暑さと過湿を嫌います。冬の寒さには比較的強く、暖地では霜の当たらない軒下に置いて、凍りそうな日だけ室内へ入れると越冬できます。他に同じ仲間で銀葉のエレモフィラ・グラブラという種類もあり、育て方はそちらを参考にしてください。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
明るい室内(0度以上) 日向(雨よけ) 半日蔭 日向 明るい室内
植え付け
植え付け 植え付け
植え替え
植え替え(根鉢を壊さない) 植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控え目に 鉢土の表面が白く乾いてから与える(過湿を嫌う) 控え目に

エレモフィラ・ニベアのアップ
3月下旬、植物園

エレモフィラ・ニベアの葉
3月下旬、植物園

エレモフィラ・ニベア
3月下旬、植物園

エレモフィラ・ニベアの葉2
3月下旬、植物園
関連リンク