トップエロディウム(ヒメフウロソウ) 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

エロディウム

別名:ヒメフウロソウ(姫フウロソウ)、エロディウム・ウァリアビレ
科・属名:フウロソウ科・エロディウム属/原産地:地中海沿岸/学名:Erodium×variabile
分類: 多年草


寒さ: 強い
暑さ: やや弱い
草丈: 3cm〜5cm
花径: 1.5cm〜2cm
花色: ピンク、白
場所: 日向を好むが夏は半日蔭
水やり: 過湿を嫌う
肥料: 控えめ
増やし方: 株分け、挿し芽、種まき(春、秋)
用土: 山野草の土など、中性〜弱アルカリ性土壌土壌
用途: 鉢植え、ロックガーデン
通販店: 楽天市場にあり
ヒメフウロソウという名前で売られているエロディウムの仲間です。同じ科のフウロソウに似た小さな花を咲かせるのでこう呼ばれるようになったようです。ヒメフウロ(Geranium robertianum L)という名前の種類もありますが、こちらとは別の種類です。ヒメフウロソウはレイカルディ(Erodium reichardii)とコルシクム(Erodium corsicum)との雑種で、地面を這うように広がり主に桃色の花を咲かせる種類が出回っていますが、白花もあります。沢山の花がいっぺんに咲くという感じではなく、ポツリポツリとした感じで花を咲かせ続けます。育てるのは過湿を嫌い暑さをやや嫌いますが、梅雨の長雨を避け、夏は風通しのよい半日蔭で越させれば暖地でも夏を超えてくれます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
場所
日向(梅雨の長雨は避ける) 半日蔭(長雨は避ける) 日向
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え 花後
株分け
株分け 株分け
挿し芽
挿し芽 挿し芽
肥料
肥料 肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が白く乾いて与える(過湿を嫌う)
エロディウム
エロディウム
4月中旬、自宅の鉢植え

エロディウム2
7月上旬、自宅の鉢植え

エロディウムの葉
5月上旬、自宅の鉢植え

エロディウムの葉2
7月上旬、自宅の鉢植え
関連リンク