トップエボルブルス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

エボルブルス

別名:アメリカンブルー
科・属名:ヒルガオ科・エボルブルス属/原産地:アメリカ/学名:Evolvulus

分類: 匍匐性常緑多年草(非耐寒性)


開花時期: 6月〜10月
草丈: 約 20cm
花径: 約 2cm
花色: 青、白
種まき: 春まき(5月頃)
植え替え: 種まきと同じ頃
増やし方: 挿し木(6月〜9月)
場所: 日当たりの良い所を好む。冬は室内へ(5度以上)
用途: 鉢植え、花壇、寄せ植え、吊り鉢、ハンギングバスケット
花言葉: あふれる思い
通販店: 楽天市場にあり
エボルブルスは青色の花を咲かすアメリカンブルーの事を呼ぶ事が多いですが、他に白い花を咲かせるアメリカンホワイトなどの種類もあります。アメリカンブルーはアメリカから来たブルーの花を咲かすので、このような名前がついているようです。ほふく性で秋によく花を咲かせます。
エボルブルス・アメリカンブルー
エボルブルス・アメリカンブルー
9月上旬、自宅の庭

エボルブルス・アメリカンブルー2
9月上旬、自宅の庭
エボルブルス・アメリカンホワイト
エボルブルス・アメリカンホワイト
9月上旬、自宅の庭

エボルブルスの全体
10月上旬、自宅の鉢植え

エボルブルス・アメリカンブルーの全体
9月上旬、自宅の庭

エボルブルス・アメリカンホワイトの全体
9月上旬、自宅の庭

エボルブルスの育て方

場所

日当たりを好むので、できるだけ日当たりのよい所で育てます。耐寒性はないので、鉢植えでは冬を室内で越冬させれば翌年も花を咲かせる事ができます。庭植えでは秋の9月に挿し木をして、苗を室内で越冬させればよいと思います。

植え付け

時期は5月から9月まで行えます。鉢植えの用土は花の培養土など普通の用土でかまいません。自分で作る場合は赤玉土6、腐葉土4などに植えつけます。あればマグァンプK(中粒)などの元肥を混ぜて植えつけるとよいです。花壇では日当たりと水はけのよい所に元肥として腐葉土と堆肥などを混ぜ込んで植えつけます。

水やり

鉢土の表面が白く乾いてきたら与えます。乾燥には比較的強い方です。

肥料

鉢植えでは生育期の5月から10月頃まで緩効性の化成肥料や液体肥料を定期的に与えます。花壇では植え付け時に元肥として堆肥などの混ぜ、2ヶ月に1回ぐらい即効性の化成肥料などを追肥します。

摘心

伸び過ぎた枝を摘心して分岐させ、花の数を増やします。

増やし方

挿し木、水差し

挿し木と水差しで比較的簡単に増やす事ができます。時期は初夏の6月から9月頃まで行えます。長さ6cmぐらいの挿し穂を用意して、下2節ぐらいの葉を取ります。水差しでは水に漬けて発根したらポットなどに仮植えして根を張らせます。挿し木では20分ほど水揚げして、あれば発根促進剤を切り口につけて、先ほどちぎった葉の節が用土に埋まるように挿し、根が回ってきたら鉢上げします。その他は挿し木のページを参考にしてください。
関連リンク