トップイチョウ(銀杏) 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

イチョウ(銀杏)

科・属名:イチョウ科・イチョウ属/原産地:中国/学名:Ginkgo biloba
分類: 落葉高木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 20m〜40m
花色:
場所: 日向
水やり: 庭木(普通)
肥料: 固形油粕などを。
増やし方: 挿し木、種まき
用途: 庭木、シンボルツリー
花言葉: しとやか、鎮魂、長寿
通販店: 楽天市場にあり
イチョウの木は秋の紅葉、実を銀杏(ギンナン)として食される事で知られています。秋の紅葉はモミジが赤色に染まるのに対し、イチョウの木は黄色に染まりとても美しいです。実はギンナンとしてよく食べられており、茶碗蒸しの具に入っているのをよく見かけます。実には悪臭があり、完熟して落ちる頃にイチョウの木の下に行くと、実を踏んで足の裏が臭くてなかなか匂いが落ちない事があります。食べるのは種の中身なので臭くありませんが、種の中身を取り出すまでの工程で臭い対策が必要なので、ギンナンを取りだすのはなかなか手間がかかります。食べ過ぎるとビタミンB6欠乏症の中毒症状になる事で知られ、食べすぎはよくありませんが、大人で10個ぐらい一度に食べても問題ないなので、普通の量を食べていれば何でもないようです。イチョウの木は雌雄異株で、実は雌株だけになります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
収穫時期
収穫
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
植え付け 植え付け
挿し木
挿し木 挿し木
剪定
不要枝の剪定 剪定
肥料
寒肥
イチョウ
イチョウ
6月下旬、植物園
銀杏の実
銀杏の実
7月上旬、植物園

銀杏の実2
8月下旬、植物園

銀杏の葉と実
8月下旬、植物園

イチョウの紅葉
11月下旬、富貴寺

イチョウの紅葉
11月下旬、山
関連リンク