トップイソトマ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

イソトマ

別名:ローレンティア
科・属名:キキョウ科・イソトマ属/原産地:オーストラリア/学名:Isotoma axillaris

分類: 多年草


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 20cm〜30cm
花径: 3cm〜4cm
花色: 青紫、白、ピンク
種まき: 秋まき
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき、ピートバンなど(好光性)
増やし方: 挿し木、株分け
場所: 日当たりを好む。冬は霜よけ。
用途: 鉢植え向き、寄せ植え
花言葉: 強烈な誘惑、猛毒
通販店: 楽天市場にあり
イソトマは星型で小さく美しい花を沢山咲かせます。青紫の花を咲かすイソトマはイソトマブルーとも呼ばれています。花の時期は5月中旬から6月頃によく花を咲かせ、秋にも少し花を咲かせます。寒さに弱いので、一年草扱いされることがありますが、暖地では凍らせないようにすれば越冬する事ができます。挿し木や株分けで増やすことができますが、樹液には毒があるので、目などに入らないよう注意が必要です。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
場所
日向(霜よけ:0度以上) 日向(梅雨の長雨は避ける) 日向(霜よけ)
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
切り戻し
刈り 花後
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が乾いたら与える(過湿を嫌う) 控えめ

イソトマブルー
5月下旬、自宅のプランター

イソトマの全体
5月下旬、植物園

イソトマ2
5月下旬、植物園

イソトマ(ピンク)
6月上旬、植物園

イソトマ3
5月下旬、植物園

イソトマ4
6月上旬、自宅の鉢植え

イソトマの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。夏の高温多湿を嫌うので、梅雨などの長雨には当てないようにします。冬の耐寒性はあまり強くありませんが、暖地では凍るような日だけ室内に入れれば、霜の当たらない軒下で越冬する事ができます。寒い所では冬は室内に入れて育てます。

植え替え

夏と冬を越えたイソトマは毎年植え替えるようにします。時期は3月中旬から4月中旬頃に行います。用土は多湿を嫌うので赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などで植え替えます。必要なら株分け切り戻しも行います。樹液には毒があるので、作業には注意してください。

水やり

高温多湿を嫌うので、鉢土の表面が乾いてから水を与えます。

肥料

肥料は多く必要ありません。春と秋の間に緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料などを与えます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

種まき

種まきで増やすことができます。時期は秋の9月中旬から10月頃に行います。種が小さいので平鉢に播いて鉢底の受け皿から給水させたり、ピートバンに種まきをしてもよいと思います。イソトマは好光性なのでごく薄く覆土するぐらいにします。水やりは鉢の上からではなく、鉢の底から与えるようにします。芽が出たら元気なのを残すように間引きして、本葉が3、4枚になったらポットに仮植えします。冬の耐寒性は強くないので、軒下などで霜に当てないようにして、凍りそうな日は室内に入れるようにします。冬の間の生育はのんびりですが、3月になって暖かくなると急に大きくなってきます。根が張ってきたらプランターや鉢に定植します。
種まき後約2カ月で仮植え 3月下旬に定植 4月下旬

増やし方

挿し木、株分け

挿し木、株分けで増やすことができます。挿し木は長さ5cmほどの挿し穂を用意して、下の方の葉をとって、そこが用土に埋まるように挿します。株分けは植え替え時に必要なら行います。樹液には毒があるので、作業には注意してください。その他、挿し木については挿し木のページを参考にしてください。

切り戻し

夏に開花が鈍ったら軽く切り戻します。春の植え替えの時にも切り戻します。
関連リンク