トップイキシア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

イキシア

別名:ヤリズイセン
科・属名:アヤメ科・イキシア属/原産地:南アフリカ/学名:Ixia
分類: 球根植物


寒さ: やや弱い
暑さ: 夏は休眠
草丈: 30cm〜90cm
花径: 3cm〜4cm
花色: 白、黄色、ピンク、赤、紫、橙色
場所: 日向を好む
増やし方: 分球、木子、種まき
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 誇り高い、秘めた恋、切り花
通販店: 楽天市場にあり
イキシアは南アフリカ原産の秋植えの球根植物です。南アフリカの球根草で寒さには強くないですが、暖地では植えっぱなしで花を咲かせる育てやすい球根植物です。花色が豊富で鮮やかな色の花を咲かせ、日陰や夕方になると花が閉じる日光の好きな植物です。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
植え付け
植え付け
掘り上げ
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾いたら与える 控えめ 鉢土の表面が乾いたら与える

イキシア
5月中旬、自宅の庭

イキシア(桃色)
5月上旬、自宅の庭

イキシアの全体
5月中旬、自宅の庭

イキシアの全体2
5月中旬、自宅の庭

イキシアの育て方

植え付け

時期は気温の下がる10月から11月頃に行うのが理想的です。鉢に植える場合は4cmぐらいの覆土に、4号鉢に3球を目安に植え付けます。鉢植えの用土は赤玉土5、腐葉土3、パーライト2などの水はけのよい用土に植えつけます。庭では水はけが悪ければ腐葉土などを、深さ5cmから10cmぐらいの覆土に、間隔は5cmから10cmぐらいで定植します。元肥を入れると根焼けする事があるようなので、肥料は芽が出てから与えた方がよいようです。

場所

日に当たらないと花が開かないので、日に当てて育てます。冬の寒さにはあまり強くないので、鉢植えでは霜の当たらない日当たりのよい軒下などに置くとよいです。暖地の庭植えでは霜よけせずに越冬します。

水やり

鉢土の表面が乾いたら与えます。庭植えはあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。花後になって葉が枯れてきたら水やりを減らし、葉が枯れたら水やりは必要はありません。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

鉢植えでは芽が出た頃から緩効性の化成肥料を置き肥したり液体肥料を与えます。庭では芽が出たら骨粉入りの固形油粕を蒔いておき、葉の色が悪くなったら即効性の化成肥料を追肥するぐらいでかまいません。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

球根の堀上げ

植えっぱなし花を咲かせるので、毎年掘り上げなくても構いません。庭では数年して株が植えすぎたようなら、秋の植え付け時期に分球をして、連作を嫌うので別の場所に植えなおすとよいです。鉢植えでは葉が枯れたら、鉢植えのまま涼しい日陰で水を切って夏を越させ、秋の植え付け時期に植えなおしてもよいです。葉が枯れて球根を掘り上げる場合は、根を切り取り日陰で乾燥させ、涼しい場所に保管しておきます。

増やし方

分球

自然に分球して増えますが、株元近くに木子もできるので、取っておいて秋に植え付けると2年ぐらいすると花が咲くそうです。

花がら摘み

種を採りたい場合を除いて、咲き終わった花殻を切り取ります。
関連リンク