トップオノエマンテマ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

オノエマンテマ

別名:カーペットカスミソウ、ヒマラヤカスミソウ
科・属名:ナデシコ科・ギプソフィラ属(カスミソウ属)/原産地:ヒマラヤ/学名:Gypsophila cerastioides

分類: 耐寒性常緑多年草


開花時期: 5月〜6月
草丈: 5cm〜10cm
花径: 約 1cm
花色:
植え付け: 3月〜4月
植え替え: 3月頃
増やし方: 株分け、挿し芽
場所: 日当たりを好む(夏は風通しのよい半日陰)
用途: 鉢植え、花壇
通販店: 楽天市場にあり
オノエマンテマは1cmぐらいの小さな白い花が沢山咲きます。白い花には赤紫色の模様があり、カーペット状に沢山の花を咲かせます。カスミソウの仲間であることから、別名カーペットカスミソウとも呼ばれています。ヒマラヤ原産の高山植物で、高温多湿にやや弱いですが、暖地でも夏を涼しい所で育てると夏を超えてくれます。
オノエマンテマ
オノエマンテマ
4月下旬、自宅の鉢植え

オノエマンテマの花のアップ
4月下旬、自宅の鉢植え

オノエマンテマの花と葉
4月下旬、自宅の鉢植え

オノエマンテマの全体
4月下旬、自宅の鉢植え

オノエマンテマの育て方

場所

日当たりを好みますが、高温多湿が苦手なので夏は風通しがよく午前中の弱い日光が当たるような半日陰で育てます。夏の暑さを嫌いますが、暖地でも夏を涼しい場所で育てると比較的容易に超える事ができます。冬の寒さには強く、地上部の葉を枯らせるようにして越冬し、春になると株元から新芽が吹いてきます。
越冬後(3月上旬)

水やり

鉢土の表面が乾けば与えます。多湿を嫌うので、水の与え過ぎに注意してください。高温多湿に弱いので、鉢植えでは梅雨などの長雨には当てないよう、軒下などに置くとよいです。

肥料

肥料は多く必要ありません。春の3月から5月頃に緩効性の化成肥料を置き肥するぐらいでかまいません。

植え付け

春に苗が出回るので、手に入ったら植え付けます。山野草として分類される事もあるので、用土は水はけのよい山野草の培養土に植え付けるとよいと思います。花壇では春に日当たりが良く、夏は強い日差しが当たらないような落葉樹の下などに植え付けるとよいと思います。カスミソウと同じくアルカリ性土壌を好むので苦土石灰、痩せ地なら堆肥などを、水はけをよくするために腐葉土などを混ぜ込んで植え付けます。

植え替え

3月中旬

根鉢の回りを軽く壊した

一回り大きな鉢へ
根詰まりすると夏に根腐するかもしれないので、毎年植え替えるようにします。時期は春の新芽を吹く3月頃に行うのがよいと思います。用土は水はけのよい用土を好むので、山野草の土に植え替えるとよいです。植え替えは根鉢の周りを三分の一ほど軽く壊して一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けして同じ大きさの鉢に植え替えます。

増やし方

株分け

株分けして増やすことができます。ハサミなどを使って適度な大きさに切り分ければよいです。時期は植え替えと一緒に行います。

挿し芽

挿し芽でも増やす事ができます。2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取ってその節が用土に埋まるように挿します。時期は春の5月から6月頃に行うのがよいと思います。

刈り込み

早春の3月頃になると株元から新芽が出てくるので、地上部の傷んだ葉は刈り込んで株元から出た新芽を茂らせて花を咲かせるとよいです。開花後の梅雨前には風通しをよくするために軽く刈り込みます。
関連リンク