トップオレガノ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

オレガノ

別名:ハナハッカ(花薄荷)、ワイルドマジョラム
科・属名:シソ科・ハナハッカ属/原産地:地中海沿岸/学名:Oreganum vulgare

分類: 宿根多年草


開花時期: 7月〜8月
収穫時期: 4月〜10月
草丈: 50cm〜80cm
花径: 0.5cm
花色: ピンク
植え替え: 春(2月下旬〜3月頃)、秋(9月下旬頃)
種まき: 春、秋
増やし方: 株分け、挿し木
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、ハーブ(料理、ハーブティ、ポプリ、浴槽)
花言葉: 輝き
通販店: 楽天市場にあり
オレガノは大まかにハーブの種類と花を観賞する花オレガノがあります。ハーブのオレガノは普通の植物のように葉が柔らかいですが、花オレガノは厚い葉をして硬いです。性質はともに蒸れを嫌いますが、花オレガノの方は標高の高い所に生息しているので、特に夏の暑さを嫌います。花オレガノは何種類かあり、オレガノ・ケントビューティーなどの園芸品種が出回っています。ハーブのオレガノは暖地でも育てやすく、料理やハーブティーなどに利用できるお馴染みのハーブです。香りは癖のないよい香りで、料理やティーなどに利用されています。
オレガノの花
オレガノの花
8月中旬、自宅の庭
オレガノ
オレガノ
7月中旬、自宅の庭

オレガノの全体
7月中旬、自宅の庭

オレガノの葉
7月中旬、自宅の庭

花オレガノ(オレガノ・ガーデンダイアリー)の葉
4月中旬、植物園
花オレガノ(オレガノ・ガーデンダイアリー)
花オレガノ(オレガノ・ガーデンダイアリー)
4月中旬、植物園

オレガノの育て方

※花オレガノの育て方はオレガノ・ケントビューティーのページを参考にしてください。

場所

日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。高温多湿を嫌うので、梅雨時期の鉢植えでは日当たりのよい軒下に置いておくと安全です。冬は寒さや霜で葉が枯れて宿根し、早春になると新芽を吹いてきます。
2月中旬

水やり

高温多湿を嫌い、乾燥には強い植物です。鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。花壇ではあまり雨が降らないようなら与えます。

肥料

鉢植えでは、緩効性の化成肥料を春に与えるぐらいでかまいません。花壇では春に骨粉入りの固形油粕などを与えるぐらいでかまいません。

植え替え

植え付け

植え替え、植え付けは秋の9月下旬頃か春の2月下旬〜3月頃にも行えます。花壇の植え付けにはアルカリ性の用土を好むので、日当たりのよい所に苦土石灰と牛フンなどを混ぜ込んで植え付けます。鉢の植え替えは根鉢の周りを三分の一ほど軽く壊し、一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けして植え替えます。鉢植えの用土は、園芸用の普通の用土に、あればパーライトを1割ほど混ぜ込んで水はけをよくするとよいです。自分で作る場合は赤玉土(小粒)5、腐葉土3、パーライト1などです。

増やし方

株分け

株分けで容易に増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

挿し木

挿し木でも増やす事ができます。

種まき

春か秋に種まきをしても増やすこともできます。

切り戻し

冬は地上部が枯れるので、秋になって葉が枯れてきたら切り戻しておきます。早春になって暖かくなると新芽を吹きます。やや梅雨頃の蒸れを嫌うので、梅雨頃には枝をいくらかすいて風通しをよくするとよいです。
関連リンク