トップオキザリス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

オキザリス

別名:ハナカタバミ(花片喰)
科・属名:カタバミ科・カタバミ属(オキザリス属)/原産地:南アフリカ/学名:oxalis

分類: 球根植物


寒さ: やや弱い(種類による)
暑さ: 強い
草丈: 10cm〜30cm(種類によって異なる)
バリアビリス:約 10cm
花径: 1cm〜5cm(種類によって異なる)
バリアビリス:約 3cm
花色: 白、ピンク、黄色など
場所: 日向を好む
増やし方: 分球
用途: 花壇、鉢植え、グランドカバー(種類による)
花言葉: 輝く心
通販店: 楽天市場にあり
オキザリスは種類が多く、大きく二つに分けると夏に休眠する種類と冬に休眠する種類があります。下はオキザリス・バリアビリスという夏に休眠する種類で、休眠から目覚める秋に植え付けると秋から春に花を咲かせます。暖地では庭植えで自然に増えるよく見かける品種で、夏になって暑くなるとなると葉が無くなって休眠します。他に同じく夏に休眠する種類で暖地では冬から黄色い花を咲かせるオキザリス・セルヌア、桃色の花を咲かせるオキザリス・ヒルタ、冬に休眠する種類で葉が4枚ある事からラッキークローバーという名前で売られている事のあるオキザリス・デッペイ、三角形の大きな葉をしたオキザリス・レグネリーなどがあります。オキザリスは種類が多く他にもたくさんあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
秋植え球根
開花時期
開花(種類のよって異なる) 開花(種類のよって異なる)
場所
日向(半耐寒性は霜よけ) 日向(半耐寒性は霜よけ)
植え付け
植え付け
掘り上げ
掘り上げ
肥料
追肥 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 鉢土の表面が乾けば与える
春植え球根
開花時期
開花(種類によって異なる)
場所
日向
植え付け
植え付け
掘り上げ
掘り上げ
肥料
肥料 追肥
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

オキザリス(白色)
3月中旬、自宅の庭  

オキザリス(ピンク)
11月中旬、自宅の庭

オキザリスの葉
12月下旬、自宅の庭

オキザリスのアップ
11月下旬、自宅の庭

オキザリス・バリアビリスの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。南アフリカ原産ですが、耐寒性は強く暖地では庭植えで冬でも開花しています。

植え付け

花壇へは水はけが悪いようなら腐葉土、元肥に堆肥などを混ぜ込んで植え付けます。覆土は2cmぐらい、あまり密集させずに15cmぐらいの間隔で植えつけます。鉢植えでは赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライトか川砂1など水はけのよい用土に5号鉢に5球を目安に2cmぐらい覆土して植えつけます。時期は秋の8月下旬から10月頃に行います。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。過湿を嫌うので水の与え過ぎには注意してください。花壇では特に与える必要はありませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。

植え替え

鉢植えでは毎年古い用土を取り除いて、必要なら分球して植え替えます。花壇では毎年掘り上げたり植え替える必要はなく、込み合ってきたり花が咲かなくなってきらた分球して植え替えます。時期は秋の8月下旬から10月頃に行います。
バリアビリスの球根

肥料

鉢植えでは緩効性の化成肥料などを、花壇では即効性の化成肥料などを秋と春に与えます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

増やし方

分球

分球して増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。
関連リンク