トップウォーターポピー 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ウォーターポピー

別名:ミズヒナゲシ(水雛芥子)、キバナトチカガミ(黄花鼈鏡)、ミズウチワ(水うちわ)
科・属名:ハナイ科・ヒドロクレイス属/原産地:南米/学名:Hydrocleis nymphoides

分類: 浮葉植物(水草)


耐寒性: やや弱い
開花時期: 7月〜10月
草丈: -
花径: 約 5cm
花色: 黄色
植え替え: 春(5月〜7月)、秋(9月)
増やし方: 株分け
場所: 水中の日当たりを好む。冬は室内
用途: ビオトープ、睡蓮鉢など
通販店: 楽天市場にあり
ウォーターポピーは水生植物の浮葉植物で、ポピーに似た黄色い花を咲かせます。水中に蔓のような茎を沢山伸ばし、水面に光沢、厚みのある葉を沢山つけます。花は一日花で5cmほどの黄色い花を咲かせます。熱帯の植物で暑さには強いのですが、冬の寒さに弱いので、冬は凍らさないよう室内に入れておいた方がよいです。秋に株分けで苗を作り、それを超えさせて来シーズン植えてもよいと思います。
ウォーターポピー
ウォーターポピー
9月中旬、自宅のプラ池

ウォーターポピー2
9月中旬、自宅のプラ池

ウォーターポピーの葉
9月中旬、自宅のプラ池
関連リンク