トップウエストリンギア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ウエストリンギア

別名:オーストラリアン・ローズマリー
科・属名:シソ科・ウエストリンギア属/原産地:オーストラリア/学名:Westringia fruticosa
分類: 常緑低木


寒さ: やや弱い(0度以上)
暑さ: 強い
開花時期: 4月〜11月(不定期)
樹高: 1m〜1.5m
花径: 約 1cm
花色: 白、薄紫〜ピンク
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む
用途: 鉢植え
通販店: 楽天市場にあり
ウエストリンギアはオーストラリア原産の低木です。葉、花ともにローズマリーに似ているので、オーストラリアン・ローズマリーという別名があります。花は白花と薄紫〜ピンクがかった花色があり、葉は斑入りをした品種も出回っています。初めて購入した時はローズマリーのつもりだったのですが、後にウエストリンギアという種類だと分かりました。両者はまったく別種で触るとウエストリンギアの枝の方が柔らかく、花もよく見ると異なり、こちらはハーブとして利用できません。育てるのは両者多湿を嫌い、こちらの方が寒さに弱いです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ・0度以上) 日向(雨よけ) 日向(霜よけ)
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
表面が白く乾けば与える

ウエストリンギア
11月下旬、自宅の鉢植え

ウエストリンギア2
11月下旬、自宅の鉢植え

ウエストリンギアの葉
12月下旬、自宅の鉢植え

ウエストリンギアの葉2
11月上旬、自宅の鉢植え

ローズマリーとウエストリンギアとの花の違い

ウエストリンギアの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。夏の高温多湿を嫌うので、梅雨時期は日当たりと風通しのよい、長雨の当たらない軒下などに置いておくよいです。冬の寒さには強くないですが、暖地では霜の当たらない軒下で越冬可能で、凍りそうな日だけ室内に取り入れるとよいです。寒い地域では冬は室内に入れて越冬させます。

水やり

過湿、乾燥とも嫌うので、水切れに注意する程度に鉢土の表面が乾けば与えればよいです。夏の日差しの下ではよく乾くので、乾かし過ぎないように注意してください。

植え替え

鉢底から根が出て根詰まりしていたり、2年以上植え替えていないものは植え替えます。時期は春の5月頃に行います。用土は水はけの良い用土、赤玉土(小粒)5、腐葉土3、パーライト2などで植え替えます。

肥料

あまり多く必要ありません。春と秋に鉢植えでは緩効性の化成肥料など与えればよいです。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。挿し木の時期は春の5月から6月頃、秋の月9月頃にも行えます。長さ8cmほどの挿し穂を用意して、下の方の葉を数枚取って、葉の取った部分が用土に埋まるように挿します。その他は挿し木のページを参考にしてください。

挿し穂

剪定

4月から5月頃に咲いた花後に伸びすぎた枝を剪定します。
関連リンク