トップバージニアストック 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

バージニアストック

別名:マルコルミア
科・属名:アブラナ科・マルコルミア属/原産地:地中海沿岸/学名:Malcolmia maritima

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 20cm〜40cm
花径: 約 1cm
花色: 白、桃色、赤紫色、薄い黄色
種まき: 秋まき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 繊細、優美
通販店: 楽天市場にあり
一重咲きのストックの花に似ている事から、バージニアストックと呼ばれています。咲き始めは白色ですが、徐々にピンク色に色づいてきます。芳香性があり、よい香りがします。高温多湿に弱く、暖地では秋まきして春に花が咲かせ夏に枯れますが、涼しい所では春に種をまくと秋に花を咲かせる事ができるようです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 日向 日向(霜よけ)
種まき
種まき 仮植え
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 鉢土の表面が乾けば与える

バージニアストック
3月上旬、自宅のプランター

バージニアストック2
3月下旬、自宅のプランター

バージニアストック(白)
3月上旬、自宅のプランター

バージニアストックの全体
3月下旬、自宅のプランター

バージニアストックの育て方

種まき

種まきの時期は秋の9月中旬から10月中頃にまきます。方法は移植を嫌うので直まきポットまきで行えばよいと思います。冬の霜には強くないので、直まきではプランターに播いて軒下などで育てるとよいです。花壇に植え付けたい場合は、ポットに蒔いて春に定植するとよいです。株間は10cmから20cmぐらいとやや密植えにするよう、間引いたり植え付けたりします。下は箱蒔きしたもので、移植を嫌うバージニアストックですが、本場が4、5枚出るまでの小さい頃に丁寧に移植すれば大丈夫です。
10月下旬 2月上旬

種まき後約1ヶ月

仮植え

植え付け

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。冬の霜にはやや弱いので、あまり当てないよう注意してください。

水やり

鉢土の表面が乾けば与えます。庭では植え付け後はしばらく乾かしすぎないように注意しますが、その後は日照り続きで乾き過ぎるようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

あまり肥料を多く必要としません。仮植え後と定植後に緩効性の化成肥料などを置き肥するぐらいでかまいません。その他は肥料のページを参考にしてください。

切り戻し

樹形が乱れたり、花が咲き終わって切り戻すと、花期の間なら脇芽が出てまた花が咲きます。
関連リンク