トップ球根ベゴニア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

球根ベゴニア (キュウコンベゴニア)

科・属名:シュウカイドウ科・ベコニア属/原産地:南米のアンデス/学名:Begonia tuberhybrida

分類: 球根植物


寒さ: 弱い(休眠)
暑さ: 弱い
草丈: 20cm〜60cm
花径: 3cm〜15cm
花色: 赤、桃色、黄色、白、橙色など
場所: 半日陰(夏は明るく涼しい所)
水やり: 過湿を嫌う、冬は断水。
肥料: 控えめ
増やし方: 挿し木
用土: 水はけのよい土
用途: 鉢植え、吊り鉢、ハンギングバスケット
花言葉: 愛の告白、片思い、親切(ベゴニア)
通販店: 楽天市場にあり
球根ベゴニアは熱帯の花で色彩がとても美しいです。球根ベゴニアは下に垂れるタイプと直立するタイプがあり、下に垂れるハンギングタイプはよく吊り鉢に利用されているのを見かけます。直立するスタンドタイプは大輪を咲かせる種類があり、大きなものでは花径が15cmぐらいある大きな花が咲きます。春に球根を植え付けると7月頃からの開花ですが、春に開花した苗が売られていることがあります。育てるのは夏の暑さを嫌うので、夏は冷房が利いた涼しく明るい室内や戸外の涼しい所で夏を越させ、冬は葉が枯れて休眠するので水を切って凍らないような所で越冬させて春に植え替えます。夏越えが難しい、上級者向きの植物になります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
凍らない室内 室内の日向 半日蔭 室内、戸外の涼しく明るい所 半日蔭 室内の日向 室内
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
断水 表面が乾けば与える(葉に水がかからないようにする) 控えめ 断水
球根ベゴニア(ハンギングタイプ桃色)
球根ベゴニア(ハンギングタイプ桃色)
6月下旬、植物園
球根ベゴニア(スタンドタイプ黄色)
球根ベゴニア(スタンドタイプ黄色)
10月下旬、フラワーズヴァレー
球根ベゴニア(ハンギングタイプ橙色)
球根ベゴニア(ハンギングタイプ橙色)
9月中旬、植物園
球根ベゴニア(スタンドタイプ赤)
球根ベゴニア(スタンドタイプ赤)
10月下旬、フラワーズヴァレー
ベゴニア・ファイアークラッカー(ハンギングタイプ白)
ベゴニア・ファイアークラッカー(ハンギングタイプ白)
6月下旬、植物園
球根ベゴニアの全体
球根ベゴニア(ハンギングタイプの全体)
11月中旬、植物園

球根ベゴニア(ハンギングタイプの全体2)
10月下旬、フラワーズヴァレー

球根ベゴニア(スタンドタイプ白)
10月下旬、フラワーズヴァレー

沢山の球根ベゴニア(ハンギングタイプ)
10月下旬、フラワーズヴァレー

沢山の球根ベゴニア(スタンドタイプ)
10月下旬、フラワーズヴァレー
関連リンク