トップベゴニア・センパフローレンス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ベゴニア・センパフローレンス

別名:シキザキベゴニア(四季咲きベゴニア)
科・属名:シュウカイドウ科・ベコニア属/原産地:南米ブラジル/学名:Begonia Semperflorens

分類: 多年草


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 15cm〜40cm
花径: 2cm〜3cm
花色: 赤、桃色、白
種まき: 春まき
発芽温度(20℃〜25℃)
箱まき、ピートバンなど(覆土しない)
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む。冬は室内へ
用途: 花壇、鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケット
花言葉: 愛の告白、片思い、親切(ベゴニア)
通販店: 楽天市場にあり
ベゴニアは種類が多く2000種類以上の品種があるそうです。ベゴニア・センパフローレンスはベゴニアの中では身近でポピュラーな種類で、比較的寒さに強く育てやすい種類です。四季咲きベゴニアというように、夏は一時的に開花は鈍りますが、春から晩秋まで花を咲かせ続けます。密植えすると美しく、プランターや花壇、ハンギングバスケットにもよく利用されています。他のベゴニアにエラチオール・ベゴニア 球根ベゴニア 木立性ベゴニア レックスベゴニアなどがあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
室内の日向(5度以上」 日向 室内の日向
種まき
種まき 種まき
植え付け
苗の植え付け 植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
切り戻し
切り戻し 切り
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が乾けば与える 控えめ
ベゴニア・センパフローレンス(桃色)
ベゴニア・センパフローレンス(桃色)
5月中旬、自宅のプランター
ベゴニア・センパフローレンス(赤)
ベゴニア・センパフローレンス(赤)
4月下旬、自宅の鉢植え
ベゴニア・ダブレット(八重咲き)
ダブレット(八重咲き)
7月上旬、自宅の鉢植え

ベゴニア・センパフローレンスの全体
5月中旬、自宅のプランター

ベゴニア・センパフローレンスのじゅうたん
6月上旬、植物園

ベゴニア・センパフローレンスの緑葉
10月下旬、植物園

ベゴニア・センパフローレンスの育て方

場所

日当たりを好むので年間を通じて日当たりのよい所で育てます。冬の耐寒温度は3度ぐらいとあまり強くないので、冬は室内の日当たりのよく暖かい所で育てます。冬は日当たりがよく10度以上で管理できれば、冬でも花を咲かせています。

水やり

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬はあまり水を吸わないのでやや控えめに与えます。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

肥料切れさせないよう、植え替えの時に元肥としてマグァンプK(中粒)などを入れるか、入れない場合は春の4月から10月頃まで緩効性の化成肥料を置き肥して、定期的に液体肥料を与えればよいです。その他は花の肥料のページを参考にしてください。

植え付け

庭への苗の植え付けは春の4月から6月頃に行います。腐葉土と堆肥などを混ぜ込んで20cm間隔ぐらいに植え付けます。鉢への植え付けは秋にも行えます。

植え替え

毎年、春の4月頃に根鉢の3分の1ほど壊して植え替えます。用土は花の培養土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土2、ピートモス2などに植え替えます。元肥としてマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んで植え替えるとよいです。植え替えの際に株元から2、3節ほどを残して切り戻しも行います。

種まき

種まきして沢山の苗を作ることができます。時期は春の4月から6月頃、秋の10月頃にも行えます。方法は箱まきピートバンなどに蒔いて覆土はしません。鉢の底に受け皿を敷いて底から給水させ、芽が出てきたら間引きします。本葉が2、3枚ぐらいになったら液体肥料を与え、1ヶ月ほどしたらポットに仮植えしてして、花が咲くようになれば定植します。秋に種を蒔く場合は、冬の耐寒性はないので室内で管理します。

増やし方

挿し木、水差し

時期は4月下旬から10月頃まで行えます。長さ6cmぐらいの挿し穂を用意して、葉を5枚ほど残して基部の1、2節の葉を切り取ります。20分ほど水揚げして、あれば発根促進剤をつけて、切り取った節の部分が用土に埋まるように挿します。水の入ったコップに入れておく水差しでも容易に発根するので水栽培も可能です。明るい日陰で管理すると2、3週間ほどで発根するのでポットに仮植えして、わき芽を出させるために先端を摘心して、根が回ったら鉢や庭に定植します。

来年のための挿し木


センパフローレンスの挿し穂

センパフローレンスの挿し木
ベゴニア・センパフローレンスは冬を比較的容易に越すことができます。秋に箱などに沢山挿し木してそのまま室内で越冬させ、来年の春に植え付けるとまた沢山の花を楽しむ事ができます。その他は挿し木のページを参考にしてください。

切り戻し


切り戻し(9月上旬)

10月中旬
春の植え替えの時にわき芽を多く出させるため、株元の茎を2、3節残して切り戻します。夏の終わり頃には茎が伸びすぎて樹形が悪くなるので、秋にもよい花を咲かせるために8月下旬頃にも切り戻して10月頃によい花を咲かせます。切り戻した先は挿し木に利用できます。
関連リンク