トップベニヒモノキ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ベニヒモノキ (紅紐の木)

別名:アカリファ・ヒスピダ、アカリファ・サンデリー
科・属名:トウダイグサ科・アカリファ属/原産地:インド、マレー半島/学名:Acalypha hispida

分類: 常緑低木


寒さ: 弱い(5度以上)
樹高: 2m〜4m
花序: 20cm〜50cm
花色:
増やし方: 挿し木
場所: 日向、冬は室内
水やり: 普通。冬は控え目。
肥料: 普通
用土: 普通
用途: 鉢植え
通販店: 楽天市場にあり
ベニヒモノキは多年草のキャッツテールと同じ仲間で、こちらは樹木になります。木の枝から長くて赤い花序が下に垂れ下がって咲くユニークな姿をしています。樹高は2mから4mぐらいになり、通常は初夏から秋にかけて花を咲かせますが、植物園の温室では冬でも花を咲かせています。、育て方はハイビスカスと同じでよいです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
室内の日向(5度以上) 日向(夏の西日は避ける) 室内の日向
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾いたら与える 控えめ

ベニヒモノキ
10月上旬、植物園

ベニヒモノキ2
10月上旬、植物園

ベニヒモノキの葉と花
3月下旬、植物園

ベニヒモノキの花
1月上旬、植物園
関連リンク