トップビデンス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ビデンス

科・属名:キク科・ビデンス属/原産地:メキシコ/学名:Bidens
分類: 多年草


寒さ: やや弱い(-5度)
暑さ: 普通
草丈: 20cm〜100cm、矮性(20cm〜25cm)
花径: 3cm〜4cm
花色: 黄色
種まき: 春まき、秋まき
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき、ポットまき
場所: 日向
増やし方: 挿し芽、株分け
用途: 花壇、鉢植え、切り花(高性)
通販店: 楽天市場にあり
ビデンス属は233種類ぐらいあ、ウインターコスモスも北アメリカ原産のでビデンス属でビデンス・ラエヴィスと言い、花は秋から冬にかけて咲かせます。こちらのページのビデンスはメキシコ原産のビデンスで暖地では春から初夏にかけて花を咲かせます。主に草丈の高い種類、矮性で鉢植えでもコンパクトに沢山の花を咲かせる種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
置き場
日向(霜よけ) 日向 霜よけ
種まき
春まき 仮植え 定植 秋まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
挿し芽
挿し芽
肥料
肥料 肥料 元肥
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える
ビデンス・オーレア
ビデンス・オーレア
6月下旬、自宅の庭
ビデンス・イエローチャーム
ビデンス・イエローチャーム(矮性)
4月下旬、自宅の鉢植え
ビデンス・オーレアの全体
ビデンス・オーレアの全体
7月上旬、自宅の庭

ビデンス・イエローチャーム(矮性)2
4月下旬、自宅の鉢植え

ビデンスの育て方

場所

ビデンスは日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。寒さには比較的強く、耐寒温度が−5度ぐらいあるので暖地では戸外で越冬します。庭に植え付けているもので、霜の多い地域は霜よけしておくと安心です。鉢植えでは霜の当たらない日当たりのよい軒下に置いておくとよいです。

植え付け

春に苗が出回っているので、苗を購入したら植え付けます。鉢植えの用土は花の培養土にパーライトを1割ほど混ぜて水はけをよくしたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などに植え付けます。花壇では苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで30cmぐらいの間隔で植え付けます。

植え替え

植え替えの時期は春の3月中旬頃から4月上旬頃行うとよいです。用土は植え付け用土と同じです。必要なら株分けを兼ねて植え替えます。花壇でも数年して株が大きくなったら、株分けを兼ねて植え替えます。

水やり

鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いたら与えます。花壇の場合は特に与える必要はありませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。

肥料

鉢植えでは春と秋に緩効性の化成肥料などを置き肥するぐらいでかまいません。花壇では秋に元肥を入れて植え付ければ、その後は春に骨粉入りの固形油粕などをばらまいておくとよいです。庭に植えっぱなしのウインターコスモスは春と秋に骨粉入りの油粕などをばらまいておくとよいです。

増やし方

挿し芽

挿し芽で増やす事ができます。時期は春の5月頃に行えます。その他は挿し芽のページを参考にしてください。

株分け

株分けで増やす事ができます。3芽から5芽ぐらい付けて株分けします。時期は植え替えと一緒に行います。

種まき

ビデンスは種類が多く、色々な種類の苗が出回っていますが、種まきから育てられる種類もあります。種まきの時期は春の3月中旬から4月上旬頃、秋の9月中旬から10月頃にも行えますが、暖地では秋に播いた方が4月頃から開花してよい花が咲きます。春に播く場合は早めに播いて、出来るだけ早く植え付けた方がよいと思います。下のは春の4月中頃に蒔きましたが、蒔くのが遅かったようでよい花が咲きませんでした。種まきの方法は箱まきポットまきで行うとよいと思います。箱まきでは本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら30cmぐらいの間隔で定植します。用土は植え付け用土と同じです。
5月中旬 6月上旬
ポットまき後、約1ヶ月です。 種を蒔いて1ヶ月半ぐらいで、庭に植えつけました。葉はコスモスによく似ています。

花がら摘み

咲き終わった花がらを摘み取って、次から次へとよい花を咲かせるようにします。

切り戻し

草丈の高いタイプは開花後に3分の1ぐらい残して切り戻します。

支柱

草丈の高いタイプは強風や雨で倒れる事があるので、支柱で支えておくとよいです。
関連リンク