トップヒイラギナンテン 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ヒイラギナンテン (柊南天)

別名:トウナンテン(唐南天)
科・属名:メギ科・ヒイラギナンテン属/原産地:中国、ヒマラヤ/学名:Mahonia japonica

分類: 常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 0.5m〜1.5m
花径: 約 0.7cm
花序: 10cm〜15cm
花色: 黄色
場所: 半日蔭を好む
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 挿し木、種まき(採り蒔き)
作業: 剪定
花芽分化: 8月頃〜
用途: 庭木、生垣
通販店: 楽天市場にあり
ヒイラギナンテンは葉がヒイラギに似ていて、ナンテンの仲間なのでこのような名前がついたようです。学名はMahonia japonicaとなっていますが、中国から入った樹木です。半日陰を好み、明るい日陰でも育てる事ができるので、日当たりの悪い所に植えらたり、生垣としても利用されています。種類は他に冬咲きで葉が細いナリヒラヒイラギナンテンやホソバヒイラギナンテン、同じく冬咲きでヒイラギナンテンとマホニア・ロマリフォリアの交配から生まれた、噴水のように花が咲くチャリティーという品種などもあります。下の作業カレンダーはヒイラギナンテンの育て方になります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
半日蔭〜明るい日陰
植え付け
植え付け 植え付け
挿し木
挿し木
剪定
花後
肥料
肥料 肥料

ヒイラギナンテンの花
3月中旬、植物園

ヒイラギナンテン
3月中旬、植物園

ヒイラギナンテンの花のアップ
3月中旬、植物園

ヒイラギナンテンの葉
3月上旬、植物園

ヒイラギナンテンの葉2
3月上旬、植物園

ヒイラギナンテン
3月中旬、植物園
関連リンク