トップホメリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ホメリア

科・属名:アヤメ科・ホメリア属/原産地:南アフリカ/学名:Homeria
分類: 球根植物


寒さ: やや弱い
暑さ: 葉が枯れる
草丈: 30cm〜40cm
花径: 4cm〜5cm
花色: 黄色、橙色、桃色、
場所: 日なたを好む、冬は霜よけ。
増やし方: 分球、種まき
用途: 鉢植え、花壇、切り花
通販店: 楽天市場にあり
ホメリアは南アフリカ原産の秋植えの球根植物です。種類は単色の橙色や黄色の花を咲かせる種類、花弁の一部が黄色や緑色をした、下の写真のホメリア・エレガンスという面白い色合いの花を咲かせる種類もあります。育てるのは寒さにあまり強くありませんが、暖地では庭植えで越冬し、こぼれ種でもよく増えるそうです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日なた(霜よけ) 日なた 鉢は日陰(雨よけ) 日なた 日なた(霜よけ)
植え付け
球根の植え付け
植え替え
植え替え
分球
分球
掘り上げ
掘り上げ 日陰で保存
肥料
肥料 元肥
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 必要ありません 鉢土の表面が乾けば与える
ホメリア
ホメリア・エレガンス
4月上旬、自宅の庭
ホメリア・エレガンス
ホメリア・エレガンス2
4月上旬、自宅の庭

ホメリアの全体
4月上旬、自宅の庭

ホメリアの全体2
4月上旬、自宅の庭

ホメリアの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。寒さには少し弱いので、鉢植えでは霜の当たらない軒下などに置いて、凍りそうな日は室内へ入れるとよいです。暖地では庭植えが可能で、多少霜に当たっても大丈夫ですが、霜が当たらないよう霜よけしておくと安心です。

植え付け

植え付けの時期は秋の9月下旬から11月上旬頃に植え付けるとよいと思います。鉢植えでは5号鉢に5球を目安に、鉢植えの覆土は3cmぐらいの深さに植え付けます。鉢植えの用土は赤玉土5、腐葉土3、パーライト2など水はけのよい用土に植え付けます。寒さにはあまり強くありませんが、暖地では庭植えが可能で、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで8cmぐらいの間隔で、深さは10cmぐらいの深さに植えつけます。多少霜に当たっても大丈夫ですが、霜よけしておくと安心です。

1月下旬(霜よけなし)

水やり

やや多湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が白く乾いてから与えます。庭では通常は与える必要はありませんが、あまりにも雨が降らないようなら与えます。花が咲き終わって葉が枯れてきたら水やりを控えめに、葉が枯れたら水やりを止めます。

肥料

肥料は多く必要ありません。鉢植えでは植え付け時の元肥に緩効性の化成肥料などを与え、開花前の3月頃に化成肥料などを置き肥すればよいです。花壇では元肥に牛糞などを混ぜ込んで植え付け、3月頃に化成肥料などを追肥するぐらいでかまいません。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

球根の堀上げ

庭では数年植えっぱなしでもかまいません。球根を掘り上げる場合は葉が枯れてしまう6月頃に掘り上げて、室内の涼しい日陰で保管します。鉢植えは掘り上げずに乾燥したまま日陰で夏を越させ、秋に植え替えてもかまいません。

増やし方

分球

分球で増やす事ができます。

種まき

種が採れるので、種まきで増やす事ができます。時期は秋に行います。

花茎切り

花が終わったら花茎を切り取ります。放置すると種が採れるので、採りたい場合は切らずに残すとよいです。
関連リンク