トップヒポシルタ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ヒポシルタ

別名:キンギョノキ(金魚の木)
科・属名:イワタバコ科・ネマタンサス属/原産地:南アメリカ東部/学名:Nematanthus gregarius

分類: 常緑低木


寒さ: 弱い(5℃以上)
暑さ: やや弱い
草丈: 20cm〜50cm
花径: 約 2cm
花色: オレンジ
増やし方: 挿し木
場所: 日向(夏は半日蔭)、冬は室内
水やり: 普通(過湿は嫌う)。冬は控え目。
肥料: 普通
用土: 水はけのよい土
用途: 鉢植え
花言葉: 敬慕、古きよき時代
通販店: 楽天市場にあり
ヒポシルタは南アメリカ原産の暖かい所に生息している樹木です。日本では庭木として植えると、冬に寒さで枯れてしまうので、鉢植えとして育てられています。花はオレンジ色で、形、咲き方ともにユニークです。蕾のように見えるのは、花の集まった塊ではなく、花の根元にある萼と言われているものが花を包んでいます。その花を包んでいる萼が開いてから花が姿を現します。花の姿が金魚のように見えるので、「金魚の木」とも呼ばれています。写真は植物園の温室内で冬に開花していましたが、自然では5月から10月頃に花が咲くそうです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
室内の日向(5℃以上) 日向 風通しのよい半日陰 日向 室内の日向(5℃以上)
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う) 控えめ

ヒポシルタ
2月下旬、植物園

ヒポシルタの蕾
2月下旬、植物園
ヒポシルタの葉
2月下旬、植物園
ヒポシルタの全体
2月下旬、植物園
関連リンク