トップピティロディア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ピティロディア

科・属名:クマツヅラ科・ピティロディア属/原産地:西オーストラリア/学名:Pityrodia
分類: 常緑低木


寒さ: やや弱い(0度以上)
暑さ: やや弱い
草丈: 50cm〜100cm
花径: 約 1cm
花色: ピンク、白、橙色
場所: 日向(夏は半日蔭)
水やり: 普通(過湿を嫌う)
肥料: 控えめ
増やし方: 挿し木
用土: 水はけのよい土
用途: 鉢植え、花壇(暖地)、カラーリーフ
通販店: 楽天市場にあり
ピティロディアはオーストラリア原産の低木で、花やシルバーリーフで楽しむ事ができます。写真はフェアリーピンク(Pityrodia terminalis)という種類で桃色の花を咲かせ、白花を咲かせる種類もあります。他に橙色の花を咲かせる(Pityrodia dilatata)という種類もあります。温室育ちの開花株が春に売られているようで、下のは戸外で自然に5月頃に花を咲かせました。育てるのは夏の高温多湿を嫌うので、長雨には当てないようにして、花後は根鉢を壊さずに一回り大きな鉢に植え替えて、夏は風通しのよい半日蔭で越させるとよいようです。寒さに比較的強く、暖地では地植えで越冬します。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ、0度以上) 日向(雨よけ) 半日蔭 日向 日向(霜よけ)
植え付け
植え付け
植え替え
花後
挿し木
挿し木 挿し木
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う) 控えめ
ピティロディア
ピティロディア
6月上旬、自宅の庭

ピティロディアの葉と花
6月上旬、自宅の庭

ピティロディア2
6月上旬、自宅の庭
関連リンク