トップバーベナ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

バーベナ

別名:ビジョザクラ(美女桜)
科・属名:クマツヅラ科・バーベナ属/原産地:中南米/学名:Verbena
分類: 宿根多年草タイプ、一年草タイプ


寒さ: 強い〜やや弱い
暑さ: 強い
種類: 宿根多年草(ハナテマリ(花手毬)、バーベナ・タピアン、バーベナ・リギダ、三尺バーベナ)、一年草タイプ(名称なし)
草丈: 宿根バーベナ(10cm〜20cm)、リギダ(45cm〜60cm)、三尺バーベナ(約1m)
花径: 約 1cm〜2.5cm
花色: 桃色、赤、紫、白など
場所: 日向
種まき: 春まき、秋まき
発芽温度(20℃〜25℃)
箱まきなど
増やし方: 挿し木(宿根多年草)、株分け(リギダ)
その他: うどん粉病
用途: 鉢植え、花壇、寄せ植え
花言葉: 家族愛、柔和、魅惑する、忍耐、勤勉
通販店: 楽天市場にあり
バーベナは種類が多く、原種だけでも250種類ぐらいあるそうです。主に一年草のタイプと宿根多年草タイプがあり、主に出回っている宿根多年草タイプは三尺バーベナ、ハナテマリ、リギダ、カーペット咲きのタピアンなどがあります。カーペット咲きのタピアンは横に広がるのでグランドカバーのようにして植えられている事があります。一年草のタイプの名前というのはないようで、ビジョザクラなどの名前で種が売られている事があります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花(種類によって異なる)
場所
日向
種まき
春まき 仮植え 定植 秋まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け 苗植え
植え替え
植え替え
挿し芽
挿し芽 挿し芽
肥料
肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾いてから与える(過湿を嫌う)

バーベナ
5月上旬、自宅の庭

バーベナ・テネラ
5月中旬、植物園

バーベナの全体(一年草タイプ)
5月中旬、植物園

バーベナの全体2(一年草タイプ)
5月中旬、植物園

バーベナ・タピアン(カーペット咲き)
7月下旬、植物園

バーベナ エストレラ(ピーチ)
6月上旬、植物園

ハナテマリ(花手毬)
10月中、近所

バーベナ・リギダ
7月上、自宅の庭

バーベナの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。冬の寒さにはやや弱いですが、暖地では問題なく戸外で越冬します。

水やり

過湿を嫌います。いつも湿った状態を嫌うので、鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では雨があまり降らず、土が乾くようなら与えます。

肥料

鉢植えでは春から秋まで緩効性の化成肥料を置き肥したり、定期的に液体肥料などを与えます。花壇では植え付け時に苦土石灰、元肥として牛糞などを混ぜ込み、春から秋の生育期の間に即効性の化成肥料などを追肥します。植えっぱなしの宿根タイプのバーベナは骨粉入りの油粕などをまいて、その後は生育を見ながら即効性の化成肥料などを追肥します。

植え付け

春や秋に苗が売られているので、購入したら植え付けます。鉢植えの用土は普通の花の培養土、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などに植えつけます。肥料を好むのであればマグァンプK(中粒)などの元肥を混ぜ込んで植え付けるとよいです。花壇では水はけのよい所に、酸性土を嫌うので苦土石灰、元肥に牛糞、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで、30cmぐらいの間隔で植え付けます。

植え替え

宿根タイプの鉢植えでは2、3年に一度、春の3月から4月頃に植え替えます。用土は水はけのよい用土、例えば赤玉土(小粒)6、腐葉土4などで植え替えます。肥料切れさせないようあればマグァンプK(中粒)などの元肥を混ぜ込んで植え付けるとよいです。

増やし方

種まき

11月上旬

種まき後、約1か月で仮植え
バーベナは種が売られているので、種まきから育てる事ができます。暖地の種まきの時期は秋の9月下旬から10月頃、春の3月中旬から4月上旬頃にも行えますが、春に蒔くと開花が遅くなるので秋に蒔くのがよいと思います。方法は箱まきで行えばよいと思います。バーベナは過湿にすると発芽が悪くなるので、過湿にしないように注意してください。本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ったら植え付けます。鉢植えでは霜の当たらない軒下などに、庭植えでは霜よけしておくと安心です。うちは大分市の暖地で冬を花壇に植え付けて越冬させましたが、寒さに少し弱いので、ポット苗を霜の当たらない軒下で越冬させて春に植え付けてもよいです。植え付けの用土は植え付け用土と同じです。
1月中旬 5月上旬

大きくなった

定植

開花

挿し芽

宿根バーベナは挿し芽で増やす事ができます。時期は春の5月から6月頃、秋の9月中旬から10月上旬頃にも行えます。長さ3節ぐらいの挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取り除きます。20分ほど水に漬けて水揚げして、あれば発根促進剤をつけて用土に挿します。その他は挿し芽のページを参考にしてください。

株分け

バーベナ・リギダは地下茎が這って増えるので株分けで増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

花がら摘み

咲き終わった花は切り取ります。

切り戻し

6月中旬から8月頃に姿が乱れたら、3分の1から3分の2ぐらい残して切り戻し秋にもよい花を咲かせます。

病気や害虫

うどん粉病が発生する事があります。予防にダコニール1000などの殺菌剤を散布しておくとよいです。その他は花の病気のページを参考にしてください。
関連リンク