トップビスカリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ビスカリア

別名:コムギセンノウ(小麦仙翁)、ウメナデシコ(梅撫子)
科・属名:ナデシコ科・シレネ属/原産地:地中海沿岸/学名:Viscaria oculata

分類: 一年草


寒さ: やや弱い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 30cm〜50cm
花径: 2cm〜3cm
花色: ピンク、赤、白、青など
種まき: 秋まき
場所: 日向
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 望みを達成する情熱
通販店: 楽天市場にあり
ビスカリアは秋まきの一年草植物です。花が咲くのは5月から6月頃で、花色はピンクや青など鮮やかです。一株でも花の数が多いので、苗を沢山植えると花のカーペットを広げたように沢山の花を咲かせます。植物の分類ではナデシコ科のシレネ属ですが、以前の分類ではビスカリア属だったので、この名前が今でも使われています。同じ仲間のシレネにも似ていて、同じように花の付け根が袋状になっています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 日向(霜よけ)
種まき
種まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け 植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
表面が白く乾いてから与える(過湿を嫌う) 表面が白く乾いて

ビスカリア
6月上旬、ハーブ園

ビスカリア2
6月上旬、ハーブ園

上から見たビスカリア
6月上旬、ハーブ園

ビスカリアのカーペット
6月上旬、ハーブ園

ビスカリア(青)
5月下旬、自宅の庭

ビスカリア(青)
5月下旬、自宅の庭

ビスカリアの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。寒さには強くないので、暖地でも鉢植えでは霜の当たらない軒下などにおいておきます。庭植ではトンネル支柱と不織布で覆って霜よけしておいた方がよいです。

植え付け

秋から春に苗が売られていることがあるので、入手したら植えつけます。用土は花の培養土にパーライトを1割るぐらい混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などにあればパーライトを1割ぐらい混ぜて植え付けます。庭では日当たりのよい所に酸性土壌を嫌うので苦土石灰、水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜ込んで25cmから30cmぐらいの間隔で植え付けます。霜には強くないので、暖地の庭植でも不織布などで覆って霜よけしておいた方がよいです。

種まき

種まきから育てることができます。種まきの時期は秋の9月下旬から10月頃に行えます。方法は箱まきするとよいと思います。。本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら定植します。庭ではしっかりと霜よけして植えつけます。
10月下旬 12月上旬

仮植え

庭に定植(不織布で霜よけ)

鉢に定植
3月下旬 5月中旬

随分大きくなった

鉢植えの開花

庭の開花

水やり

鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。過湿は嫌いますが、気温が高くなるとよく水をよく吸い上げてるので、開花時期頃の水切れには注意してください。花壇では植え付け後はしばらく乾かし過ぎないように注意しますが、その後はあまり雨が降らず乾きすぎるようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

鉢植えでは秋と春に緩効性の化成肥料などを置き肥したり液体肥料を定期的に与えます。庭で植え付け時に牛糞などを入れて植えつけ、そのは春に即効性の化成肥料など追肥します。その他は花の肥料のページを参考にしてください。
関連リンク