トップ洋蘭その他の洋蘭カランセ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

カランセ (落葉性カランセ)

科・属名:ラン科・エビネ属/原産地:東南アジア/学名:Calanthe cv

分類: 落葉多年草、洋蘭


寒さ: 弱い(12度以上)
暑さ: 強い
草丈: 20cm〜70cm
花径: 約 4cm
花色: 白、ピンク、黄色など
増やし方: 株分け
場所: 遮光50%、冬は室内
水やり: 水切れを嫌う
落葉後〜花芽が出るまでは控えめ
肥料: 洋蘭の肥料
用土: 水苔など
用途: 鉢植え
花言葉: 誠実、謙虚(エビネ)
エビネ属のカランセには熱帯の落葉性タイプと常緑性タイプがあります。常緑性タイプは夏咲きエビネの中に分けられている事があり、熱帯常緑性カランセとも呼ばれています。こちらの落葉性のカランセは東南アジアに生息する熱帯性の落葉カランセになります。日本などに生息する常緑のカランセは一般にエビネと呼ばれ区別されています。落葉性のカランセは雨期と乾季のある所に生息しており、寒さと乾季の時に葉を落として乾季を乗り切って花を咲かせるようです。下のはCalanthe rubensという種類になります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
生育状態
落葉期 葉のある時期 落葉期
場所
室内の日向(12度以上) 遮光50% 室内の日向
植え替え
植え替え
株分け
株分け
肥料
肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾いてきたら 控えめ

カランセのアップ
1月下旬、植物園

カランセ
2月上旬、植物園

カランセの長い花茎
1月中旬、植物園

落葉したカランセのバルブ
1月上旬、植物園
関連リンク