トップカラー エチオピカ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

カラー エチオピカ

別名:オランダカイウ
科・属名:サトイモ科・ザンテデスキア属/原産地:南アフリカ/学名:Zantedeschia aethiopica
分類: 球根植物


寒さ: やや弱い(0度以上)
暑さ: やや弱い
草丈: 40cm〜90cm
花径: 10cm〜15cm
花長: 15cm〜25cm
花色:
場所: 日当たりを好むが夏は半日蔭
増やし方: 株分け
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 乙女のしとやかさ、清浄、素敵な美しさ
通販店: 楽天市場にあり
カラーは畑地性と湿地性の種類があります。こちらは水辺で育つ湿地性のカラー エチオピカを紹介しています。初夏頃に白い花を咲かせ、畑地性の花に比べてエチオピカは先が開いたように咲きます。厳格には花ではなく苞になり、花は中央にあるのが花です。葉も広く異なります。畑地性は耐寒性に弱いですが、エチオピカは耐寒性に比較的強く、暖地では路地植えで越冬します。湿地性で水を好むので、腰水栽培が適しています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ、0度以上) 日向 半日蔭 日向 日向(霜よけ)
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
肥料
肥料
鉢の水やり
腰水栽培

カラー エチオピカ
6月上旬、自宅の鉢植え

カラー エチオピカの全体
6月上旬、自宅の鉢植え

カラー エチオピカの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てますが、夏の強い日差しを嫌うので、夏は強い日差しを避けた風通しのよい明るい日陰で育てます。半耐寒性で冬の寒さには強くありませんが、畑地性よりも寒さに強いので、鉢植えでは凍りそうな日は室内に、庭植えでは霜よけすると越冬できます。

水やり

水を好むので用土を乾かさないようにします。鉢植えでは鉢の下に受け皿を敷いて、受け皿に水を貯めて腰水栽培すると水切れの心配が要りません。庭では用土を乾かさないように、特に春はいつも湿った状態を保つように水やりします。水が少ないと花が咲かずに終わる事があります。
腰水栽培

肥料

肥料は多く必要ありません。春に芽が出たら骨粉入りの固形油粕などを蒔いておけばよいです。その他は花の肥料を参考にしてください。

植え付け


カラー エチオピカの球根

3月中旬
早春頃に乾燥した球根、春にはポット苗も売られているので、手に入れたら植え付けます。用土は水持ちのよい用土、赤玉土(小粒)4、パーライト2、腐葉土2、ピートモス2などに植え付けます。球根を植え付ける場合は6号鉢に2球を目安に、深さは球根の頭が出るぐらいの浅植えにします。庭植えでは腐葉土とピートモスなどを混ぜ込んで30cmぐらいの間隔で植え付けます。

植え替え

春の3月中旬から4月上旬頃に、必要なら株分けを兼ねて植え替えます。用土は植え付け用土と同じです。

増やし方

株分け

分球というか、株を切り分けて株分けして増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

花茎切り

花が咲き終わったら花茎を切り取ります。
関連リンク