トップコリウス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

コリウス

別名:キンランジソ(金襴紫蘇)、ニシキジソ(錦紫蘇)
科・属名:シソ科・コリウス属/原産地:東南アジア/学名:Solenostemon scutellarioides

分類: 実生系(一年草)、栄養系(多年草)


寒さ: 弱い
暑さ: 強い
草丈: 20cm〜100cm
花序: 5cm〜15cm
花色: 紫色
種まき: 実生系(春まき)
発芽温度(20℃〜25℃)
平鉢、ピートバンなど(覆土しない)
増やし方: 挿し芽
場所: 実生系(半日陰を好む)、栄養系(日向を好む)
用途: 花壇、鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケット
花言葉: 善良な家風、恋の望み
通販店: 楽天市場にあり
コリウスは熱帯から亜熱帯原産の葉が美しいカラーリーフです。赤、黄色、緑など葉の色が美しく、花壇やグランドカバーなどに、葉が美しいことから寄せ植えにもよく利用されています。種類が種まきから育てる実生系と挿し芽で増える栄養系があって、栄養系は日光が大好きなのですが、実生系は強い日差しを嫌います。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
観賞時期
葉の観賞
場所
室内の日向(5度以上) 日向 日向〜半日蔭 日向 室内の日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
切り戻し
切り戻し
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える(夏の水切れに注意) 控えめ
コリウス
コリウス
9月下旬、自宅のプランター
コリウスの花
コリウスの花
7月上旬、植物園

コリウス2
9月上旬、植物園

コリウス3
9月上旬、植物園

コリウスの育て方

置き場所

実生種

種まきから育てられた実生系のコリウスは夏の強い日差しを嫌うので、春と秋の日差しの弱い時期は日当たりのよい所で育てますが、夏は強い日差しを避けた明るい日陰で育てます。

栄養系

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。耐陰性があるので明るい日陰でも育ちますが、光が弱すぎると鮮やかな葉の色が出ないので、できるだけ日光に当てて育てます。栄養系のコリウスの鉢植えでは、秋の最低気温が15度を下回ったら室内の日当たりのよく暖かい所で育てると越冬させる事ができます。

水やり

鉢植えの場合、春から秋の生育期は鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。夏はよく乾くので、朝、夕の水やりになる事があるので、水切れに注意します。庭植えでも乾きすぎるのを嫌うので、雨が降らず用土が乾くようなら与えます。栄養系の冬の鉢植えでは、乾燥気味に鉢土の表面が乾いてから与えます。

肥料

春から秋まで暖効性の化成肥料や液体肥料などを与えます。花壇では元肥に牛糞などを混ぜ込んでおき、その後も生育を見ながら即効性の化成肥料など追肥します。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

種まき、植え付け

コリウスの種まき
コリウスの発芽、種まき後約40日
場所:自宅 撮影 6月上旬
実生系のコリウスは種まきから育てる事ができます。時期は発芽温度が高いので5月上旬頃に、種が細かいので平鉢ピートバンなどにまくとよいと思います。好光性なので覆土はしません。平鉢では上から水を与えず、受け皿に水を入れて底から給水させるとよいです。本葉が2、3枚ぐらい出たらポットに仮植えして、根が回ったら20cmから30cm間隔で定植します。種まきから育てた実生系のコリウスは、夏の強い日差しを嫌うので、強い日差しの当たらない所に植え付けます。鉢植えの用土は赤玉土(小粒)6、腐葉土4など、花壇では腐葉土などを混ぜ込んで水はけをよくして植えつけます。

切り戻し

栄養系のコリウスは3、4節ぐらい残して摘心をすると、節からわき芽を出させ枝数を増やせボリュームのある姿になります。切り取ったものは挿し穂に利用できます。茎がほふくするタイプのヒメコリウスも切り戻しを行ってボリュームのある鉢に仕立てるとよいです。もし姿が乱れてしまったら、切り戻して仕立てなおします。

増やし方(挿し芽)

挿し芽で増やせます。方法は3節分ぐらいの長さの挿し穂を用意し、一番下の節の葉を取り20分ぐらい水揚げします。取った葉の節が用土に埋るように、あれば発根促進剤をつけて挿します。時期は春の5月から秋の9月頃まで行えます。その他は挿し芽のページを参考にしてください。

肥料

栄養系のコリウスは冬を越えたら植え替えます。用土は普通の花の培養土などでかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。時期は春の5月頃に行います。その他は花の植え替えのページを参考にしてください。

花茎切り

コリウスは葉の美しさを見るカラーリーフで、花はあまり綺麗ではありません。葉の生育に影響するので早めに切り取ります。
関連リンク