トップコンボルブルス・クネオルム 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

コンボルブルス・クネオルム

科・属名:ヒルガオ科・セイヨウヒルガオ属/原産地:地中海沿岸/学名:Convolvulus cneorum
分類: 常緑小低木


寒さ: 強い(-5度)
暑さ: 強い
樹高: 30cm〜60cm
花径: 約 4cm
花色:
場所: 日向
増やし方: 挿し木
用途: 鉢植え、花壇(ロックガーデン)、カラーリーフなど
花言葉: 縁、絆
通販店: 楽天市場にあり
コンボルブルスは地中海沿岸を中心に250種類ぐらいがあります。種類が多く、低木やつる性、また多年草の種類、一年草のコンボルブルス・トリカラーというのもあります。こちらに紹介しているのはコンボルブルス・クネオルムという種類で、横に広がる低木で、葉が銀緑色をしているのでカラーリーフとしても楽しむ事ができます。花はヒルガオらしい中心部が黄色い白花で、花の大きさは4cmぐらいの花を咲かせます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え 植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が白く乾いて与える(過湿を嫌う)

コンボルブルス・クネオルム
5月上旬、自宅の鉢植え

コンボルブルス・クネオルム2
5月上旬、自宅の鉢植え

コンボルブルス・クネオルムの葉と花
4月下旬、自宅の鉢植え

コンボルブルス・クネオルム3
4月下旬、自宅の鉢植え

コンボルブルス・クネオルムの育て方

場所

日当たりを好むので、年間を通じて日当たりのよい所で育てます。冬の耐寒温度は氷点下5度ぐらいあるので、暖地では戸外で問題なく越冬します。

水やり

過湿を嫌います。鉢土の表面が白く乾いてから与えます。梅雨などの長雨の時は軒下などに置いておくとよいです。

肥料

肥料は多く必要としません。鉢植えでは春の3月から5月頃、秋の9月下旬から10月頃に緩効性の化成肥料を置き肥するぐらいでかまいません。

植え付け

春に苗が売られているので、購入したら植え付けます。海岸の岩場などに生息しているので、用土は水はけのよい用土に、山野草の培養土などに植え付けるとよいです。また、アルカリ性土壌を好むので石灰を少量混ぜるとよいです。

植え替え

2年に1回を目安に、根詰まりしているようなら植え替えます。直根で根鉢を壊されるのを嫌うので、根鉢はあまり壊さずに一回り大きい鉢に植え替えます。植え替えの時期は春の3月頃か秋の9月下旬から10月頃に行います。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。時期は春の5月から6月頃、秋の9月下旬から10月頃にも行えます。長さ8cmぐらいの挿し穂を用意して、下の方の葉を数枚取り、取った節が用土に埋まるように挿します。用土はパーライトなど水はけのよい用土に挿すとよいと思います。その他は挿し木のページを参考にしてください。

切り戻し

花の咲き終わった花茎、乱れた茎は春から秋の間切り戻し続けます。
関連リンク