トップギボウシ(ホスタ) 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ギボウシ

別名:ホスタ
科・属名:ユリ科・ギボウシ属/原産地:日本、朝鮮半島、中国/学名:Hosta

分類: 耐寒性宿根多年草


開花時期: 7月〜9月(種類によって異なる)
観賞時期: 5月〜11月
草丈: 30cm〜50cm
花茎: 30cm〜100cm
花径: 2cm〜3cm
花色: 白、薄紫
種まき: 採り蒔き
植え替え:
増やし方: 株分け
場所: 半日陰
用途: 庭植え、鉢植え、グランドカバー
花言葉: 心の落ち着き、沈静
通販店: 楽天市場にあり
ギボウシは花を楽しむと言うより、葉を楽しむカラーリーフのような植物です。多くは日本に分布しており、ヨーロッパやアメリカで庭植えの観葉植物としても人気があり、ホスタと言う別名もあります。いろいろな葉の形や模様をした品種や園芸品種があり、開花は種類によって多少異なりますが、主に夏に花を咲かせる種類が多く、タマノカンザシ系という種類は夜開性で芳香のある花を咲かせるものもあります。ギボウシの花は一日で萎れる一日花で、下から上へと次々に花を咲かせます。冬は地上部の葉が枯れて越冬する宿根草で、育てるのは明るい日陰を好むので、そういった場所で育てれば、比較的育てやすい植物です。
ギボウシの花
ギボウシの花
7月上旬、自宅の庭
ギボウシの葉
ギボウシの葉
6月上旬、自宅の庭

ギボウシの全体1
7月中旬、自宅の庭

ギボウシの全体2
7月上旬、植物園

ギボウシの育て方

ギボウシの主な種類

ギボウシは日本を中心に、中国、朝鮮半島に一部が自生しています。種類はとても多く、野生の40種類以上をはじめ、アメリカなどで品種改良された100種類以上の品種があります。
オオバギボウシ系 葉が中型から大型の種類で7月頃に開花。
タマノカンザシ系 純白色の芳香のある花を夜から朝に咲かす種類で8月頃に開花。
イワギボウシ系 岩場や樹上に生息する種類で8月から9月頃に開花。
コバギボウシ系 草原や湿原に生息する種類で8月頃に開花。
ミズギボウシ系 湿地に分布する保水性のよい所を好む種類で8月頃に開花。

場所

キボウシは木漏れ日の当たるような半日陰を好みます。木漏れ日の当たる、風通しのよい落葉樹の下に植えつけたり、鉢植えでは木の下の木漏れ日が当たるような所に置くとよいと思います。そういった場所がない場合は、午前中のやわらかい日差しが当たるぐらいの場所で育てます。夏の強い日差しに当てると葉が日焼けして黄色くなってしまう事があり、特に斑入りは強い日差しに当てないように注意してください。冬は地上部の葉が枯れて宿根して越冬します。

植え付け

春から夏頃に苗が出回っているので、苗が手に入ればいつでも行えます。花壇では腐葉土と牛糞などを混ぜて植えつけます。鉢植えでは、観葉植物の土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4など普通の用土でかまいません。

植え替え

鉢植えでは2年に1回を目安に、根詰まりしているようなら毎年植え替えます。キボウシは晩秋から葉がなくなって、春の3月から4月頃に芽が出るので、その頃に植え替えればよいと思います。大きくしたい場合は一回り大きな鉢に植え替えて、大きくしたくない場合は同じ鉢に、必要なら株分けをして植え替えます。用土は植え付けの用土と同じです。 キボウシの新芽
4月中旬

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。やや過湿に弱いので、水の与えすぎには注意しますが、夏は乾かし過ぎて水切れさせないように注意してください。ミズギボウシの場合は水を好むので、生育期の水切れには注意してください。花壇では得に与える必要はありませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。

肥料

鉢植えでは緩効性の化成肥料などを置き肥するか、緩効性の元肥などを混ぜ込んで植え付けます。花壇では骨粉入りの固形油粕などを春に与えるぐらいでかまいません。その後の追肥は大きくしたい場合に与ればよいです。その他は花の肥料のページを参考にしてください。

花がら摘み

花が咲き終わったら、花茎の根本から切り取ります。

増やし方

株分け、種まき

株分けは植え替えの時期に3、4芽以上つけて株分けします。種まきですが、キボウシは一日花なので午前中に受粉させて、2ヶ月以上経って種が熟したら、採ってすぐに箱などに種まきします。冬はフレームの中などで越冬させ、春に植えつけます。花が咲くまで3年ぐらいかかるようです。
関連リンク