トップゴデチア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ゴデチア

別名:ゴデチャ、イロマツヨイ(色待宵)
科・属名:アカバナ科・ゴデチャ属(クラーキア属)/原産地:北米原産/学名:Godetia amoena (Clarkia amoena)

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 50cm〜100cm
花径: 3cm〜8cm(種類による)
花色: 赤、ピンク、橙色など
種まき: 秋まき(9月下旬〜10月)
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 変わらぬ熱愛
通販店: 楽天市場にあり
ゴデチアは毎年のように秋に種まきをして育てています。花が密集して咲く姿が美しく色華やかです。そう長く花は咲き続けませんが、2週間ほど花を楽しむ事が出来ます。普通のゴデチアは茎の先端に花を咲かせるのですが、茎の途中にやや小さい花を咲かせる種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき 仮植え 定植
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
表面が乾けば与える 表面が乾けば
ゴデチア
ゴデチア
5月下旬、自宅の庭

ゴデチアの全体
6月上旬、自宅の庭
ゴデチア(桃色)
ゴデチア(桃色)
5月下旬、自宅の庭

ゴデチア(茎の途中に花が咲く種類)
5月下旬、自宅の庭
ゴデチア(ピンク)
ゴデチア(ピンク)
5月下旬、自宅の庭

ゴデチア(茎の途中に花が咲く種類)のアップ
5月下旬、自宅の庭

ゴデチアの育て方

種まき

種まきで比較的容易に育てる事ができます。連作障害があるので、去年育てた別とは別の所で育てるようにします。種まきの時期は秋の9月下旬〜10月頃に行います。方法は箱まきで行うとよいです。種まきは種が隠れるように覆土します。本葉が3枚ぐらいになったらポットに仮植えするか、そのまま25cm〜30cmぐらいの間隔で定植してもかまいません。庭では水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜ込んで植え付けます。鉢植えでの用土は普通の花の培養土でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。ゴデチアは移植を嫌う直根性ですが、小さい時に根を痛めないよう丁寧に移植すれば大丈夫です。

箱まき後約1ヶ月(11月上旬)

定植前(1月上旬)

定植後約1ヶ月(2月上旬)

場所

ゴデチアは日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。

水やり

プランターなどの鉢植えでは、鉢土が乾けば与えます。花壇では植え付け後2週間ぐらいは土を乾かさないように注意します。その後は通常必要ありませんが、あまり雨が降らず土が乾き過ぎるようなら与えるぐらいでかまいません。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

鉢植えでは植え付け時と春の3月から4月頃に緩効性の化成肥料などを与えるぐらいでよいです。花壇では植え付けの際にあらかじめ元肥として腐葉土と牛糞などを混ぜて植えつけます。その後はに少し大きくなった3月頃に即効性の化成肥料などを1回だけばら撒いておけばよいです。痩せ気味の方がよい花が咲くので、苗の時期以外は肥料を与えない方がよいです。

花がら摘み

咲き終わった花がらは摘み取って次もよい花を咲かせます。種が採れるので、種を採りたい場合は摘まずに残しておきます。
関連リンク