トップゴールデンクラッカー 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ゴールデンクラッカー

別名:ユリオプス・ゴールデンクラッカー
科・属名:キク科・ユリオプス属/原産地:南アフリカ/学名:Euryops virgineus

分類: 常緑中低木

寒さ: やや弱い(0度以上)
暑さ: やや弱い
草丈: 40cm〜4m
花径: 約 1cm
花色: 黄色
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む(夏の西日は避ける)
用途: 鉢植え、花壇(暖地)
通販店: 楽天市場にあり
ユリオプスデージーの仲間で、こちらの方が少し寒さと暑さに弱いです。ゴールデンクラッカーはに小さな葉を沢山付け、枝の先の方に黄色い小花が沢山つけます。ゴールデンクラッカーにはウインタークラッカーという1ヶ月ほど早く花が咲く早生品種があり、見かけは何も変わりません。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ・0度以上) 日向(長雨・夏の西日は避ける 日向(霜よけ)
植え付け
植え付け 植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
剪定
花後
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う)

ゴールデンクラッカー(ウインタークラッカー)
2月下旬、自宅の鉢植え

ゴールデンクラッカーの全体
2月下旬、自宅の鉢植え

ゴールデンクラッカー(ウインタークラッカーではない)
2月下旬、自宅の鉢植え

ゴールデンクラッカーの葉
2月下旬、自宅の鉢植え

ゴールデンクラッカーの育て方

場所

日当たりと風通しのよい所を好みますが、夏は午後からの西日を避けた所で育てます。高温多湿を嫌うので、長雨には当てないようにして、できるだけ風通しのよい高い所などに置いて夏を越させます。冬の寒さは0度ぐらいとあまり強くありませんが、暖地では霜の当たらない日当たりのよい軒下に置いて、凍りそうな日だけ室内に入れるとよいです。暖地では夏の西日を避けた、日当たりと風通しのよい所に植え付ける事もできます。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。高温多湿を嫌うので、梅雨時期の長雨は避けます。

植え替え

2年以上植え替えていない株は植え替えます。秋の9月中旬から10月頃に行うのがよいと思います。根鉢の3分の1ほど壊し一回り大きな鉢に植え替えます。用土は夏の高温多湿を嫌うので、赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などの水はけのよい用土に植え替えます。その他は植え替えのページを参考にしてください。

肥料

春の4月から6月頃、秋の9月中旬から10月中旬頃に、鉢植えでは緩効性の化成肥料などを、花壇では骨粉入りの固形油粕などを与えるぐらいでかまいません。

剪定

花後に伸び過ぎた枝を短くしたり、風通しが悪いと蒸れて枯れ込みやすいので、込んだ所を透いて風通しをよくするように剪定するとよいです。

増やし方

挿し木

挿し木で容易に増やす事ができます。時期は春の5月から6月頃、秋の9月頃にも行えます。長さ6cmぐらいの若い挿し穂を用意して、下の方の葉を数枚取って20分ほど水に漬けて水揚げします。あれば発根促進剤をつけて挿します。根が回ってきたら定植して、枝先を摘心して脇芽を出させます。その他は挿し木のページを参考にしてください。
4月上旬 6月中旬

挿し穂

挿した

着いて茎が伸びた
関連リンク