トップギプソフィラ・レペンス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ギプソフィラ・レペンス

別名:ピレネー宿根カスミソウ
科・属名:ナデシコ科・ギプソフィラ属(カスミソウ属)/原産地:アルプス(ピレネー地方)/学名:Gypsophila repens
分類: 匍匐性多年草
寒さ: 強い
暑さ: やや弱い
草丈: 10cm〜15cm
花径: 約 1cm
花色: 白、ピンク
場所: 日向を好むが夏は半日蔭
水やり: 過湿を嫌う
肥料: 普通
種まき: 秋まき
発芽温度(20度)
箱まきなど
用土: 水はけのよい土、弱アルカリ性土壌
用途: 鉢植え、庭(ロックガーデンなど)
花言葉: 感謝、切なる喜び、清い心(カスミソウ)
通販店: 楽天市場にあり
ギプソフィラ・レペンスは草丈が15cmぐらいにしかならない匍匐性の宿根カスミソウの仲間です。アルプスのピレネー地方原産なのでこのような名前になっています。カスミソウと言うと草丈が高いイメージがありますが、こちらは匍匐性で地べたを這うように生育します。花の時期は暖地では4月中旬から5月中頃にかけて咲きますが、涼しい地域ではもう少し遅くなると思います。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 半日蔭 日向(種まきは日陰)
種まき
種まき 仮植え
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え 植え替え
刈り込み
花後
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
表面が白く乾いてから与える(過湿を嫌う)
ギプソフィラ・レペンス
ギプソフィラ・レペンス
4月下旬、自宅の鉢植え

ギプソフィラ・レペンス2
4月下旬、自宅の鉢植え

ギプソフィラ・レペンスのアップ
4月下旬、自宅の鉢植え

ギプソフィラ・レペンスの全体
4月下旬、自宅の鉢植え

ギプソフィラ・レペンスの育て方

植え付け

用土は市販されている山野草の培養土を利用するとよいです。匍匐して横に伸びるので平鉢に植えてもよいと思います。 庭植えする場合は水はけのよい所に堆肥と酸性土壌を嫌うので苦土石灰を混ぜて25cmぐらいの間隔に植えるようにします。高温多湿を嫌うので、暖地では鉢植の方が夏を涼しい半日陰に置かれるので育てやすいと思います。

場所

日当たりを好むのですが、標高の高い所に生息しているので暑さを嫌います。夏は半日陰になる所や、遮光ネットで覆って強い日差しから守るとよいです。高温多湿を嫌うので梅雨の長雨には当てないようにして、風通しのよい棚の上などに置いて、夏に根腐れしないよう予防するとよいです。寒さにはかなり強いので、特に防寒の必要はないです。

水やり

高温多湿を嫌うので、夏は過湿にならないように注意します。その他の時期は鉢土の表面が乾けば与えればよいです。

肥料

多く与えると葉ばかりが茂りやすいので控えめにします。芽が伸び始める春の3月頃、秋の9月下旬から11月頃に緩効性の化成肥料を置き肥するとよいです。夏は生育が落ちるので与えなくてよいです。その他は花の肥料を参考にしてください。

植え替え

毎年、春の2月下旬から3月上旬頃か秋の9月下旬から10月中頃に行うとよいと思います。根鉢を壊されるのを嫌うので、根鉢の周りをあまり壊さずに一回り大きな鉢に植え替えます。何年かするとよい花が咲かなくなるので、定期的に種まきから育て直した方がよいです。

刈り込み

開花後は茎が沢山伸びて放置すると茎が長く伸び過ぎてしまい風通しも悪いので、株元から数節残して思い切って刈り込むとよいです。
6月上旬 11月下旬

開花後の姿

刈り込み後

秋の姿

増やし方

種まき

暖地では9月下旬から10月頃に行うとよいです。方法は箱まきして種が隠れる程度に軽く覆土して、本葉が2、3枚になったらポットに仮植えします。ある程度伸びたら数節残して摘心して枝数を増やすとよいです。根が回ってきたら定植します。
関連リンク