トップカカリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

カカリア

別名:エミリア、ベニニガナ(紅苦菜)、エフデギク
科・属名:キク科・エミリア属/原産地:東インド原産/学名:Emilia coccinea

分類: 一年草


寒さ: 寒さで枯れる
暑さ: 強い
草丈: 30cm〜60p
花径: 約 1.5cm
花色: 赤、黄色、橙色
種まき: 春まき
直まき、ポットまき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 秘めたる恋
通販店: 楽天市場にあり
カカリアは春まきの一年草で、1.5cmぐらいの小さな花を沢山咲かせます。花色は赤、橙色、黄色があり、草丈は60cmぐらいになります。花期は6月から10月頃ですが、4月頃に種を蒔くと6月から7月頃に花が咲いて終わり、6月頃にごぼれ種で秋にも花を咲かせます。育てた感想は育てやすく、日当たりだけ気を付ければ大丈夫です。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

カカリア
8月下旬、自宅の庭

カカリアのアップ
7月下旬、自宅の庭

カカリア(橙色)
6月下旬、自宅の庭

カカリアの全体
6月下旬、自宅の庭

カカリアの種
6月下旬、自宅の庭

カカリア2
9月中旬、自宅の庭

カカリアの育て方

種まき

種まきで増やす事ができます。時期は春の3月下旬〜6月頃、移植を嫌うので、方法は直まきポットまきで行うとよいと思います。箱まきでも本葉が出てきた小さい頃に、根を傷めないよう丁寧に移植すれば大丈夫です。直まきでは15cmから20cm間隔ぐらいになるように間引きします。ポット苗の植え付けは、花壇では植え付け時に苦土石灰、元肥に堆肥などを、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで15cmから20cm間隔ぐらいで植え付けます。鉢植えの用土は花の培養土などごく普通でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などに植え付けます。4月頃に蒔くと6月から7月頃に花が咲き、6月頃のこぼれ種で秋にも花が咲きます。
5月上旬 5月下旬 6月下旬

浅鉢に種まき

仮植え

定植

開花

場所

日当たりを好み、夕方になると暗くなって花が閉じる性質があるので、できるだけ日当たりのよい所で育てます。

水やり

過湿を嫌うので、鉢土の表面が白く乾いてから与えます。花壇では植え付け後の1週間ぐらいはあまり乾かさないように注意しますが、その後はあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

肥料は多く必要ありません。鉢植えでは緩効性の化成肥料などを置き肥するぐらい、花壇では元肥に堆肥などを混ぜて植え付ければ、その後は6月頃に速効性の化成肥料などを追肥するぐらいでかまいません。

花茎切り

花が咲き終わった花茎は切り取ります。
関連リンク