トップキンモクセイ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

キンモクセイ (金木犀)

科・属名:モクセイ科・モクセイ属/原産地:中国/学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus

分類: 常緑小高木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 4m〜5m
花径: 約 5mm
花色: 橙色
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む
花芽分化: 7月頃〜
用途: 庭木、生垣、シンボルツリー
花言葉: 謙遜、真実
通販店: 楽天市場にあり
キンモクセイは秋を代表する花木です。キンモクセイの花の香りがしてくると秋の本番を感じさせてくれます。雌雄異株ですが、日本にあるのは雌株が多いそうです。金木犀は銀木犀(ギンモクセイ)という白い花を咲かせる植物の変種で、花色以外の違いは、銀木犀の葉は少しギザギザしており、金木犀の方が香りが強いそうです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
植え付け
植え付け 植え付け
挿し木
挿し木
剪定
剪定 花後
肥料
肥料 肥料
キンモクセイ
キンモクセイ
10月下旬、自宅の庭

キンモクセイの全体
10月中旬、自宅の庭

沢山のキンモクセイの花
10月中旬、自宅の庭

キンモクセイ2
10月中旬、自宅の庭

キンモクセイの育て方

植え付け

植え付けの時期は春の3月から4月頃、秋の9月下旬から10月頃に行えます。日当たりと水はけのよい場所に腐葉土などを混ぜ込み、根鉢を壊さないようにして植えつけます。庭にキンモクセイを植え付けた場合は、1、2年は生育が葉や枝に傾く傾向があるので、翌年は花の数が少なくなる事があります。しかし、2、3年もするとよい花が咲くようになります。(鉢に植えた場合はあまり影響ないようです。)

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。日当たりが悪いと花芽がつき難いようなので、午前中ぐらいは日光の当たる場所がよいです。

水やり

鉢植えでは鉢土が乾けば与えます。花壇では植え付け後しばらく乾かしすぎないよう注意しますが、その後は特に与える必要ありません。

肥料

2月頃と6月頃に骨粉入り固形油粕などを与えるぐらいでよいです。

剪定

剪定は3、4年に1回ぐらい、生垣などを除けば毎年行う必要はなく放置していた方が花の数が多くなります。時期は秋の開花後か、春の新芽を吹く前の3月頃に行います。方法は花が咲いた枝を2、3節ぐらい残すよう、邪魔な枝は根元から切り取るようにして行います。キンモクセイの花は春から伸ばした新しい枝のわき芽によく花をつけるので、春から伸びた枝を切ると花の数が少なくなってしまいます。

増やし方

挿し木

挿し木で増やすことができますが、付きにくいです。時期は梅雨の6月から7月上旬頃に行います。長さ15cmほどの挿し穂を用意して、葉を4、5枚ぐらい残しその他の葉は取り除きます。15分ほど水揚げして、あれば発根促進剤をつけて、挿し穂が2分の1ぐらい用土に埋まるように挿します。根が伸びるまで時間がかかるので、鉢上げは翌年の春になってから行います。その他は挿し木のページを参考にしてください。
関連リンク