トップキンセンカ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

キンセンカ (金盞花)

別名:カレンデュラ、ポットマリーゴールド
科・属名:キク科・カレンデュラ属/原産地:南ヨーロッパ原産/学名:Calendula officinalis

分類: 一年草


寒さ: やや弱い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 20cm〜80cm、(矮性:20cm〜30cm、高性:50cm〜80cm)
花径: 4cm〜12cm
花色: 黄色、橙色など
種まき: 秋まき
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき、直まき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、寄せ植え(矮性種)、切り花(高性種)
花言葉: 乙女の美しい姿、失望、別れの悲しみ
黄(悲歌、繊細な美)
橙(静かな思い)
通販店: 楽天市場にあり
キンセンカは春の間、次から次と花を咲かせ続けます。うちでは毎年秋に種まきをして育てています。種類は草丈が高くならない矮性種と高くなる高性種があって、高性種は切り花としても利用できます。キンセンカの花はとても鮮やかな色をしており、主にオレンジ色か黄色の花を咲かせ、日当たりを好み夕方になると花が閉じてきます。同じ仲間で早春から花を咲かせるフユシラズという種類もあります。秋まきの一年草で少し寒さに弱いですが、暖地では簡単な霜除けて越冬します。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき 仮植え
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 鉢土の表面が乾けば与える

キンセンカ(黄色)
3月上旬、自宅の庭

キンセンカ(橙色)
5月上旬、自宅の庭

キンセンカ(白っぽい橙色)
4月中旬、自宅の庭

キンセンカの全体
4月中旬、自宅の庭

キンセンカ
4月中旬、自宅の庭

キンセンカ(矮性)
4月中旬、自宅の庭

キンセンカの育て方

種まき

10月上旬
キンセンカの種まき
種まき2週間ぐらい

ポットに仮植え
11月中旬 3月上旬

定植

開花始まる
時期は秋の9月から10月中旬頃に行います。発芽率はよい方です。キンセンカの種まき方法は箱まき直まきで覆土を軽くして行います。箱まきでは本葉が3枚ぐらいになったら、ポットに仮植えして根が回ってきたら、苦土石灰と堆肥などを混ぜ込んで20cm〜30cmぐらいの間隔で定植します。プランターなどの鉢植えの場合は20cmぐらいの間隔に、用土は花の培養土や、赤玉土(小粒)6、腐葉土4など普通でかまいません。直まきでは20cm〜30cmぐらいの間隔になるように間引きます。キンセンカは半耐寒性でやや寒さに弱いので、霜が当たらないようにワラなどでしっかりと霜よけしておいた方が安心です。

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。キンセンカは曇りや雨の日、夕方になると花が閉じてくるので、日当たりのよい所で育てます。
夕方になると花が閉じる

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では植え付け後しばらく乾かさないように注意しますが、その後は雨が降らず乾き過ぎるようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

肥料は普通で、与えすぎはよくありません。鉢植えでは緩効性の化成肥料や液体肥料などを、花壇では即効性の化成肥料などを定期的に与えます。

花がら摘み

花が咲き終わったら、見苦しい事と次の花もよい花をさかせるために摘み取ります。種が採れるので、種を採りたい場合はいくつか花がらを残しておきます。

病気や害虫

蝶が卵を産んで青虫に葉を食べられることがあります。見つけ次第スミチオンなどの殺虫剤を散布しておきます。株元にオルトラン粒剤を散布しておくと予防になります。その他は病気や害虫のページを参考にしてください。
青虫に食べられたキンセンカ
関連リンク