トップコバンソウ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

コバンソウ (小判草)

別名:タワラムギ(俵麦)
科・属名:イネ科・コバンソウ属/原産地:地中海沿岸/学名:Briza maxima

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 40cm〜60cm
花序: 1cm〜2cm
花色:
種まき: 秋まき
発芽温度(20度)
直まき、ポットまき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ドライフラワー
花言葉: 興奮
小判のような形をした黄緑色の実がなるので、小判草と呼ばれています。ユニークな姿をしたイネの仲間です。小判のような実は花びらのない花の集まりの花序になっていて、雄しべが少し出ているのが見て分かります。切り花の素材やドライフラワーにして楽しむ事もできます。実がからからになったら、バラバラになって種が採れます。とても繁殖力が強く、こぼれ種で毎年花を咲かせます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け 植え
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

コバンソウ
5月中旬、自宅の庭

コバンソウ2
5月下旬、自宅の庭

コバンソウのアップ
5月中旬、自宅の庭

コバンソウの全体
5月下旬、自宅の庭

コバンソウの育て方

種まき

種まきの時期は秋の9月中旬〜11月頃に行えます。方法は直まきポットまきで行えばよいと思います。発芽率がよいので、直接プランターや庭にまいても簡単に芽が出ます。芽が出たら株間が30cmぐらいと広めになるように間引きします。ひっつき過ぎると背が高くなり倒れやすくなります。ポットまきでは3粒ほど蒔き元気なのを一つ残し根が回ってきたら定植します。花壇では元肥に牛糞などを混ぜ込めばその後の追肥は必要ありません。寒さには強く暖地では霜よけなしで越冬します。その他は種まきのページを参考にしてください。
11月中旬 2月中旬

ポットまき

根が完全に回った

定植
4月中旬 5月中旬

かなり大きくなった

開花

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。花壇では植え付け後2週間ほどは乾かし過ぎないように注意しますが、その後は通常は必要なく、雨が降らず乾き過ぎるようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

肥料は多く必要ありません。多いと草丈が高くなって倒れやすくなります。鉢植えでは緩効性の化成肥料を植え付け後2週間ほどして1回置き肥するぐらい。花壇では植え付け時に堆肥を混ぜ込んで植え付ければ、その後の追肥は必要ありません。その他は肥料の使い方を参考にしてください。
関連リンク