トップコマチソウ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

コマチソウ (小町草)

別名:ムシトリナデシコ(虫取り撫子)
科・属名:ナデシコ科・シレネ属/原産地:ヨーロッパ中南部原産/学名:Silene armeria

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 50cm〜60cm
花径: 約 1cm
花色: 桃色、白
種まき: 秋まき
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき、直まき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切花
花言葉: 純愛、才能、無邪気
通販店: 楽天市場にあり
家の庭に毎年花を咲かせます。コマチソウの種を一度蒔いておくと種が飛んで、翌年もまた開花させます。蝶が好きなようで、よく蝶が花の蜜を吸いに来ているのを見かけます。こぼれ種で毎年必ず開花するので、種まきはとても簡単で、小さいな苗の時はカスミソウによく似ています。別名にムシトリナデシコという名前があり、茎から樹液が出ており、そこに小さな虫が引っ付いてしまう事からこのような名前がついてるようです。他に玉咲きの種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 表面が乾けば

コマチソウ
5月中旬、自宅の庭

コマチソウ2
5月下旬、自宅の庭

コマチソウの苗
12月中旬、自宅の庭

コマチソウと蝶
5月下旬、自宅の庭

コマチソウ3
5月下旬、自宅の庭

コマチソウの全体
6月中旬、自宅の庭

コマチソウの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。

水やり

鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。花壇では植え付け後はしばらく乾かし過ぎないように注意しますが、その後は通常は与えなくても大丈夫ですが、あまり雨が降らず乾燥しすぎるようなら与えます。

肥料

こぼれ種で発芽して無肥料でも花が咲くので、肥料は多く必要ありません。秋と春に鉢植えでは緩効性の化成肥料などを置き肥したり液体肥料を与えます。庭では植え付け時に牛糞などを入れて植えつければ、その後は特に与えなくても大丈夫です。その他は花の肥料のページを参考にしてください。

種まき

種まきから育てることができます。種まきの時期は秋の9月下旬から10月頃に行えます。方法は箱まきやこぼれ種でよく発芽するので直まきしてもよいと思います。覆土は種が隠れるように行います。箱まきでは本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら20cmぐらいの間隔で定植します。鉢植えの用土は水はけがよければ特に選ばないので、花の培養土に植え付けたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4など用土に植え付けます。庭では日当たりのよい所に苦土石灰、水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜ込んで20cmぐらいの間隔で植え付けます。暖地では特に霜よけしなくても越冬します。

こぼれ種

こぼれ種でよく発芽するので、秋に芽が出ているのを見つけたら、できるだけ根を痛めないよう好きな所に移植するとよいです。葉はカスミソウによく似た葉をしています。

1月上旬(こぼれ種)
関連リンク