トップモチノキ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

クロガネモチ (黒鉄黐)

別名:クロガネノキ(黒鉄の木)
科・属名:モチノキ科・モチノキ属/原産地:日本、中国南部、朝鮮半島南部/学名:Ilex rotunda
分類: 常緑高木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
分布: 本州(東北南部以西)、四国、九州
樹高: 10m〜15m
花色: 黄色
場所: 日向〜半日蔭
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 挿し木
作業: 剪定
花芽分化: 7月頃〜
用途: 庭木、生垣、シンボルツリー
通販店: 楽天市場にあり
クロガネモチは日本の東北南部以西に分布する暖地性の高木です。古くから庭木として植えられており、秋には沢山の赤い実を着けます。雌雄異株で実をつけるのは雌株のみになり、このような木は雄株と雌株を近くに植えないと実がならないのですが、クロガネモチは雌株だけ植えれば実が成ります。その理由はよく分かっておらず、遠くの山から雄花の花粉が飛んでくるなどの説があります。縁起の良い庭木としても知られ、「クロガネモチ」=「苦労して金持ち」という事で縁起の良い庭木としても知られています。クロガネモチはモチノキの仲間で、モチノキととてもよく似ており、モチノキの方が実が大きくあまり密集して実が成りません。モチノキと同じく「鳥もち」が樹皮からとれる事で知られ、「鳥もち」とはつき立ての餅に接着剤を混ぜたようなもので、昔、子供が長い竹の先に鳥もちを付けて、高い所にとまっているセミなどを捕まえて遊んでいました。ちなみに取ったセミは鳥もちでベトベトになってしまいます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
実期
場所
日向
植え付け
植え付け 植え付け
挿し木
挿し木
剪定
剪定 剪定
肥料
肥料
クロガネモチ
クロガネモチ
12月下旬、植物園
モチノキの実
クロガネモチの実
12月下旬、植物園

クロガネモチ2
12月下旬、植物園

クロガネモチの全体
12月下旬、植物園
関連リンク